アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

スパークプラグ

A110で世界中から質問が来るのが点火プラグだ。純正の品番がいろいろあり、それもマーシャルなど無くなってしまったメーカーだったり、チャンピョンでもN62RだのC59Rだの聞きなれない名前だから、いろいろな話がでるのだろう。写真は右から、当時の純正マーシャル2/33L、チャンピョンC59R、C59YCとなってます。右2個のプラグの形状が特殊なのがわかるでしょうか?沿面発火と呼ばれる、レースや航空機に使われるタイプです。NGKで熱価を調べると、8番から9番となっています。いくつもある純正プラグの品番から調べても7番以上となり、それ以下の熱価プラグは危険と思っていいでしょう。沿面発火だとかぶりにくいのか、8番や9番でも大丈夫ですが、左端のC59YCのような普通のプラグだと、街乗りでかぶりやすいので、低い品番を使う人が多いのでしょう。それでも7番が限界。それ以下で回すとピストンに穴があいたり、ヘッドが割れる、溶けるなんて事もあるので気をつけて下さい。ちなみに車は1600Sと1300G、1300Sの話です。1300VCは6番相当となりますし、ネジの形状も違います。
d0062721_18251956.jpg

[PR]
by A110ALPINE | 2005-06-21 18:26 | 部品
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30