アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

日本の食材

d0062721_6124588.jpg

日本食材は、10年前と比べると日本食ブームもあり、フランスの地方都市でも入手しやすくなりまた。それでも日本のようには手に入るわけではなく、特に地元の食材などは、やっぱり帰国した時に買ってもってきます。その中でも必ず買ってくる定番が、この写真の麺つゆと糠です。
「おかめぬか」は、うちで糠漬けをしているので、必ず必要です。これは福島の糠ですが、関東出身の両親が、この糠が一番というほど、糠漬けには最高なのです。
もう一つは、やっぱり福島に内池醸造のめんつゆ、その名も内池の「割烹つゆ」、本物の蕎麦屋さんの味のようで、麺つゆ以外にもちょっとした調味料として重宝しています。
これらの品、福島だけでなく日本中の方に勧められる美味しさと思います。
日本でも地元を離れると、その土地の食材を手に入れるのに苦労したりしますが、海外となると、年に一度の帰国が買出しとなってします。やっぱり日本の味、忘れられません。
[PR]
by A110ALPINE | 2010-02-28 06:32 | コーヒーブレーク | Comments(2)
Commented by obakappu at 2010-03-01 07:59
うわーー!!
糠漬けしているんですねー!!!
すばらしい。
Commented by O&クロ at 2010-03-01 22:15 x
やっぱりぬか漬けがないとね。
でも、漬ける野菜が違うので、少しづつ味が変わってしまいます。定期的に日本から糠床を持ってきています。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31