アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

海バスク

d0062721_6265320.jpg
ルルドの次は、目的地バスク地方へ、
高速道路を西に進んでスペインのサン・セバスチャンへ入りました。
スペインは、大きな工事が多くて、少し前までのバブル経済が余韻が残っているようでした。


d0062721_6272737.jpg

スペインから下道を通って国境を越えサンジャン・ド・リュッツへ。
ここは綺麗なビーチと古いバスク風の町並みが残っている大観光地です。
d0062721_6335966.jpg



ビアリッツは大雨で車からの観光、ちょっとガッカリ。
この日の宿営地はバイヨンヌでした。




ここからは、食べ物ブログ


d0062721_6381980.jpg

スペインでは、Barでタパスの昼食。
写真上のお皿にあるのがタパス。いろいろな食材のオードブル、たくさんの味があって楽しめます。

d0062721_642388.jpg

サンジャン・ド・リュッツのパテシエ「パリエス」のムシューとカヌガー。
ムシューは少し湿ったマカロンのようなお菓子で、アーモンドの香りがたまりません。
カヌガーは、キャラメル&チョコレートの間のような柔らかい食感のお菓子です。
どちらも素朴な、ほっとするようなお菓子です。

d0062721_6464834.jpg

バイヨンヌといったら、もちろん生ハムです。
何かのイベントがあったのか、ハムの特売場ができていました。
スペインの生ハムのように少し乾燥した感じで、濃厚な味がします。

d0062721_6484945.jpg

生ハムと同じ特売場で見つけたバスクの羊(ブルビ)のチーズ「オソ・イラティ」。

d0062721_6503191.jpg

このチーズ、そのままでも美味しいのですが、バスク特産の黒さくらんぼ(スリーズ・ノワール)とあわせていただくと格別、バスクの濃縮した味わいが楽しめます。


d0062721_6525362.jpg

バスクといったらコレ、もちろんガトー・バスクです。
有名なお菓子ですから、作っているパテシエも多く、何度か食べたことはあります。
ただ、ここのガトー・バスクは他とは違いアーモンドの香りがとても美味しいのです。新鮮な挽きたてのアーモンド、それに黒さくらんぼ(スリーズ・ノワール)と、バスクならでは食材が秘訣なのでしょう。
[PR]
by A110ALPINE | 2010-04-08 07:01 | ひとり言
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31