アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

ロエアック・オートブロカント

d0062721_6261475.jpg
下のポストで紹介したブルターニュのロエアックで開催されるイベントに行ってきました。
すぐにUPしようと思ったのですが、仕事が忙しかったのと、思っていた以上に遠くて疲れが残ってしまいました。
ノルマンディのディエップよりも近いと思っていたのですが、大きな間違いで、なんと片道1250kmもありました。高速道路が直線的でないので、距離が伸びてしまったようです。

写真はロエアックの町、古い建物をそのまま利用してパン屋、レストラン、ホテル、骨董品屋などが軒を連ねていてとても趣きのある街です。





d0062721_6344563.jpg

イベントは、自動車博物館で行われました。
入り口を入るとテントが並び、たくさんのショップが並んでいます。
今回はアルピーヌとルノー関係のイベントなので、それらを扱うショップが多かったようです。



d0062721_6381010.jpg

今回のメインはサンクターボ。
博物館に併設されているサーキットで走行会も行われます。



d0062721_6401855.jpg

サンクターボといえばラニョッティ、青のマキシと黄色のツール・ド・コルス、2台ともラショッティさんがドライブした本物のワークス車両です。マキシをドライビングしているのはラニョッティさん本人です。


d0062721_6424796.jpg

この後、スピンターンで観客をわかせてしました。


d0062721_6435111.jpg

この2台の後ろをセルパジさんも走っていました。この車両はレプリカで馬力もセッティングも出ていないので、雨の路面に苦労していたそうですが、それでも十分に速く走らせていました。





博物館の写真も少しだけ。
d0062721_6465730.jpg



d0062721_6481153.jpg

この他にも本当にたくさんの車が、所狭しと所蔵されています。
ルマンの近くという事で、ルマンカーもたくさんありました。




d0062721_6503381.jpg

ホテルの近くのレストランで食べたクレープです。
こんなイベントだったので、レストランの中はうちの顧客等、知っている人ばかりで驚きました。



lここでは、毎年10月始めにアルピーヌ&ルノーのイベントが行われています。
もう少し近ければ毎年参加したいのですが、1250kmは遠すぎですね。
また機会があればと思っています。
[PR]
by A110ALPINE | 2010-10-09 06:55 | | Comments(6)
Commented by totozfactory at 2010-10-09 10:15
お疲れ様でした~。
私もかつて軽で大分までの往復1500キロを一人で運転した時は
死にました。たぶん今やったらもっと死ぬと思います^^;

ルノーのマシンはどれもカラーリングが綺麗です。
下から2枚目はF1カーですか?
ナイジェル・マンセルさんを思い出しました^^
Commented by mt-f at 2010-10-09 15:30 x
お世話になっています。

やっぱり、日本とは違うスケールのイベントですね。
博物館にサーキットですか~楽しそうです。
Commented by O&クロ at 2010-10-09 17:44 x
ぱぷさん、フランスは走りやすいので、800kmまでは一日で気軽に走りきれます、が、それ以上は疲れます。
ここのF1は、なじみのある車両ばかりだしドライバーの写真等もあって、とても楽しめます。
WRCのラリーカーやパリーダカの車両もあって、憧れた車に囲まれて過ごせる素晴らしい博物館です。ああーでも遠い!
Commented by O&クロ at 2010-10-09 17:48 x
mt-fさん、スケールというか、この博物館とサーキットは、個人が好きなだけで作ったと聞いています。お金持ちは考えることがわかりません。個人の趣味で集めているので、歴史的な車よりも、戦後の良く知っている車両が多いので、とても楽しめる博物館です。
ちなみにサーキットと併設してラリークロス場もあるので、車好きには盛りだくさんの施設です。
Commented by obakappu at 2010-10-11 07:15
漁師@小笠原が遊びに来て、アルピーヌに乗りたいんだといっているのでこのページを見せました。
ラニョッティだーって写真見ていっていました。(カーグラフィックを確か全部持っているやつです。)
Commented by O&クロ at 2010-10-11 18:06 x
ぷーままさん、アルピーヌを知っていればラニョッティさんもご存知だと思います。この仕事をしていると名ドラバーと会う機会も多いのです。
特に昔のドライバーの方は、ちょっと切れていて、古い車でも本気で走らせるのでイベントやラリーではとても楽しめるのです。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30