アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

までいの力

d0062721_4475890.jpg

福島のあぶくま山地ののどかな農村、飯舘村。
この阿武隈山地は、とても自然が豊かな地域で癒される東北の景色が広がっています。
車やバイクで走っているだけでも、その気持ち良さが伝わります。
しかし、ここが有名になったのは、自然の美しさではなく
原発事故の避難地区になったからでした。

震災前に書かれた飯舘村の話が、「までいの力」です。
解説では「スローライフを“までいライフ”と呼び」とありますが、
スローライフを東北風にアレンジして一歩前に進めたのが「までい」と感じました。
この本を読むと、日本がこれから目指す世界が見えてくるように思えます。

本の売り上げが復興チャリティになっています。
是非、皆さん、手にとって読んでみてください。




追記、
飯舘は、平仮名で表記すると「いいたて」となります。私達福島の人は「いいだて」と読んでいて、濁点をつけていたのですが方言だったようです。その土地の発音が一番と思いますので、表記は「いいたて」、発音は「いいだて」で良いではと思います。ちなみに漢字変換で「いいだて」としてしまうと飯館となって誤記となりますのでご注意ください。実は私も間違えていました。

[PR]
by A110ALPINE | 2011-05-10 04:56 | ひとり言 | Comments(0)
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30