アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

山羊の村

d0062721_6113150.jpg

モルジンヌのホテルの方に、近所で面白い所は?というと、
山羊の村があるよ! という事で行ってみました。
モルジンヌから、すぐに一山こえた所にあります。
何処だろう?なんて車で走っていると、
小さな村にさしかかり、飛び込んでくるのが、上の写真の風景です。
山羊たちがいるのは道路で、この道を通る車は、山羊の中をゆっくりと、
そして山羊が寝ていれば、起きるまで車を進める事もできないという
標識も必要ない観光村でした。




d0062721_6161573.jpg



d0062721_616338.jpg



d0062721_6165139.jpg

なでて欲しいと寄ってくるのもいます。

d0062721_619315.jpg

置いてあるのは塩です。

d0062721_6172587.jpg



d0062721_6174428.jpg



d0062721_620013.jpg


子供たちにも大人気です、、、、が、
えさを持っていると、山羊同士で取り合いになって、
子供たちだけでなく、大人も怖くて逃げたりしています。

木の枠(塀)が後ろに写っていますが、
これがレストランや売店との境です。
この塀で、山羊が店内に入るのを防いでいます。
山羊が自由で、塀の中に人が入っているのです。
えさは、各売店で一袋1ユーロで買えるののですが、
店内で買っている時から、山羊たちが目をつけています。
店から出るときには、たくさんの山羊や集まっていて
塀の扉を開けるのがたいへんなくらいです。


冬は雪で閉鎖されてしまう道路だそうで、
この村も夏だけの営業だそうです。
また機会があれば行ってみたいと思ってしまう村でした。
[PR]
by A110ALPINE | 2012-08-14 06:28 | ひとり言 | Comments(2)
Commented by obakappu at 2012-08-16 04:50
ヤギって、なんだか特別変な動物ですよね。
人間的で。

羊じゃなくてこんなに居るところがあるんですね~。
Commented by O&クロ at 2012-08-17 17:03 x
この地域では、羊よりも山羊で、チーズ生産が盛んです。
目つきは悪かったりするのに、人懐っこくて
なんとも憎めない山羊さんたちでした。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31