アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

ボルム・レ・ミモザ

d0062721_0373751.jpg

久しぶりに登場のクロです。今日はボクが隣町ボルムの案内をします。ボルムは僕らの町ル・ラヴァンドーの隣、といっても元々は同じ町だったそうで、どこで区切られているのか、わからないほど近い町です。中心は山の斜面にある古い町で、鷲巣村と呼ばれていて、夏は観光客でにぎわいます。

写真左上 山の上から町を見下ろした所です。
写真中央 町の中は迷路のようになっていて、トンネルのような所をくぐって抜けていきます。
写真右上 上から迷路を抜けて町の目抜き通りに出てきました。
写真右下 夏には、たくさんの観光客がいますが、それ以外の時期は、人もまばらで寂しくなってしまいます。ここに住む人は冬は砂漠のように、風の音以外は聞こえないと言ってました。
写真左下 目抜き通りには、たくさんのお店がでていますが、コルク細工屋さんは、ボルムの名物になっているそうです。

夏は人が多くて駐車場がないから、パパさんたちは、あまり近づきません。春と秋、それに2月頃のミモザが咲く季節が一番綺麗です。
[PR]
by A110ALPINE | 2005-09-14 00:54 | ひとり言 | Comments(4)
Commented by totozfactory at 2005-09-14 23:51
どこもかしこも絵になる風景ですね~~。クロちゃんの後ろにあるのがコルク細工なんですか?これは何なんでしょう?お皿・・?
Commented by A110ALPINE at 2005-09-15 01:15
お皿に使います。単にコルクの木の皮をはいで、ちょっと加工しただけの物ですが、最近は良いコルクの木がないので、材料探しが大変だそうです。ちなみに、この皿に盛る料理ですが、ブイヤベースが有名、その他にアイオリやアンショワイヤードと言った、南仏の代表的な料理もこの皿です。この地域、気軽に写真を撮れば絵になるのですが、日中はコントラストが強すぎて綺麗に撮れません。朝が夕方の日の弱い時がベストなようです。お昼は暑すぎて歩けませんしね。
Commented by totozfactory at 2005-09-15 11:31
不勉強ながら・・コルクて「木」だったのですね(汗)、いや当然なんだけど、ああやって木の皮をはぐとは知りませんでした。ワインの栓ってこうやって作るんだ、と検索したサイトを見て妙に関心・・。どうしても「コルク」というと、一度粉砕して、固めた建材を思い浮かべてしまってました。お皿にはコーティングしないと、ブイヤベースとかお汁ものは滲みこんだり漏れたりしないんですか?
こっちは昨日から急に肌寒くなり、一気に真夏から秋になったような気がします。
Commented by A110ALPINE at 2005-09-15 18:12
コルクが木なのは、こっちに来て初めて知りました。ワインの栓は、幹から作るようですね。ブイヤベースですが、スープと身(魚やジャガイモ)は別々に盛りつけるんです。これも、こっちで初めて知りました。でも、最近はお皿に一緒にもりつけてしまうレストランが増えてますし、そうでなくてもコルクのお皿を使う所は、少なくなっているようです。昨日テレビで見たのですが、味についても本物のブイヤベースを出すレストランはとても少なくて、マルセイユでも一軒くらいしかないとレポートしていました。ブイヤベースはマルセイユより、私達の近所の方が美味しいらしいです。高くてレストランでは食べられませんけどね。(泣)
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30