アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

点火コイル・対策品

d0062721_2131277.jpgルノー・メガーヌ(旧型)1600cc16V用の点火コイル。前回、ご案内しましたが、対策品が入荷しました。
このコイル、トラブルが多いようで現在では対策品となっています。メガーヌとラグナは2000年5月、クリオは2002年11月、カングーは2003年11月から対策品となっています。これはフランスで販売された車両ですので、日本の場合は、それ以降に船積みされた車両と思っても良いかもしれません。生産地によっても対策品になる時期が違うかもしれないので、上記以降の車も確認したほうが良いでしょう。
見分け方ですが、部品に書いてある番号を確認するのが簡単です。対策前は、77から始まる10桁の部品番号が2つ書いてあります。対策後の部品は、77から始まる番号と82から始まる10桁の部品番号が書いてあります。82から始まる番号があれば安心でしょう。もし、一度交換された場合は箱の部品番号を確認してください。82から始まる番号であれば安心です。
もし、まだ77から始まる番号が2箇所に書かれたコイルが付いていたら、一個予備を持つ事をお勧めします。同時に交換に必要なトルクスレンチも忘れずに。

ちなみに、これはメガーヌの見分け方です。カングーやクリオは、確認していません。もし不安な方は、年式、車台番号と一緒にGBSにお問い合わせください。
[PR]
by A110ALPINE | 2005-09-21 02:18 | 部品
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31