アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

点火コイル・対策品

d0062721_2131277.jpgルノー・メガーヌ(旧型)1600cc16V用の点火コイル。前回、ご案内しましたが、対策品が入荷しました。
このコイル、トラブルが多いようで現在では対策品となっています。メガーヌとラグナは2000年5月、クリオは2002年11月、カングーは2003年11月から対策品となっています。これはフランスで販売された車両ですので、日本の場合は、それ以降に船積みされた車両と思っても良いかもしれません。生産地によっても対策品になる時期が違うかもしれないので、上記以降の車も確認したほうが良いでしょう。
見分け方ですが、部品に書いてある番号を確認するのが簡単です。対策前は、77から始まる10桁の部品番号が2つ書いてあります。対策後の部品は、77から始まる番号と82から始まる10桁の部品番号が書いてあります。82から始まる番号があれば安心でしょう。もし、一度交換された場合は箱の部品番号を確認してください。82から始まる番号であれば安心です。
もし、まだ77から始まる番号が2箇所に書かれたコイルが付いていたら、一個予備を持つ事をお勧めします。同時に交換に必要なトルクスレンチも忘れずに。

ちなみに、これはメガーヌの見分け方です。カングーやクリオは、確認していません。もし不安な方は、年式、車台番号と一緒にGBSにお問い合わせください。
[PR]
by A110ALPINE | 2005-09-21 02:18 | 部品 | Comments(11)
Commented by yaku at 2005-09-21 03:44 x
なるほどこれで安心できます。
対策品だと思って買って違うのは悲しいです。日本ではここまで分りませんでした。
トラックバックを勘違いして3回も操作してしまいました。大変申し訳ございません(汗)
Commented by A110ALPINE at 2005-09-21 17:44
トラックバック、ありがとうございます。
今回メガーヌの部品を扱ったので調べる事ができました。クリオやガングーも同じトラブルが出ていますが、同じ部品番号かどうかは解りません。現在お使いのコイルにある番号と車台番号を連絡いただければ、現在、流通している部品番号と同じかどうか調べる事ができます。新しい車でレッカーは悲しいですもんね。フランスでは、トラブルが多い個所は、各ガレージが予備も部品を持っていたりするので、すぐに対応できるし、車を買う前に話が聞けたりすます。中古車レポートの載った雑誌があるので、そこでも紹介されています。ルノーの16Vはトラブルが少ない方で、壊れるのはこのくらいです。日本で売れている欧州車で、絶対に買うなとまで書かれている車がありますよ。全体的にオートマは壊れやすいみたいです。
Commented by so-ya!パパ at 2005-10-01 13:21 x
初めまして。
yakuさんのブログから飛んで参りました。

カングーの1.6に乗っているので、この記事大変参考になりました。記事の内容を見ると、わが家のコイルがダメになったのが04年7月頃・・・。
こちらではまだ対策品の流通があまり無かったのでしょうか・・・?

ほんの数日前にブログ始めたばかりなのですが、今回トラックバックさせていただいたのでご挨拶まで・・・。
Commented by ishidax at 2005-10-07 23:16 x
はじめまして。ishidaxともうします。
yakuさんのブログから拝見させていただきました。
私も1.6のカングーに乗ってまして、気になるとこだったのでとても参考になり、早速自車を確認した所、77…と82…の2品番が記載されていました。この件、私のHPへ載せたいと思ってます。こちらのブログも紹介させてもらっていいでしょうか?よろしくお願いします。
Commented by A110ALPINE at 2005-10-07 23:55
もちろんOKです。よろしくお願いします。
私が調べたかぎりですが、3回は部品番号が変更になっています。それ以上あったかも知れません。おそらく82とあれば、大丈夫と思います。
Commented by yaku at 2005-10-10 05:48 x
残念な情報ですが、カングー仲間の方から、82・・品番のコイルでトラブルを経験された方がいました(涙)。
交換部品常備がこのエンジンの常識になってしまうんでしょうか・・・
Commented by A110ALPINE at 2005-10-10 16:01
82になってから最低でも2回番号が変更になっています。(それ以上変わっているかもしれません)yakuさんがお買いになったコイルは最新の番号なので、少しは安心と思います。何度も番号が変わるのは、部品が安定しないか、車との相性が悪いための処置等が考えられます。5万キロ以上トラブルのない車もあるので、部品の当たり外れもあるのでしょう。それでも最近の車はトラブルが出にくいようなので、少しは部品が改良されているのだと思います。
Commented by renault_community at 2005-10-10 23:34
はじめまして、上でyakuさんがコイルの品番が82・・・でトラブルにあったと紹介されております"そら"と申します。

車はAM2003のカングーですが、既に5本程部品を交換しています。

昨年、ヘッドの黒いタイプに交換した以後はトラブルは出ておりません。

今後、私も万が一のために一本位予備を持っていようと考えています。

Commented by A110ALPINE at 2005-10-11 00:49
部品番号ですが、以下のように変更になっています。
7700107177-->7700113357-->8200154186-->8200380267
最後の番号が最新となっています。これは調べられる限りの番号で実際には他にあるかもしれません。
不思議なのは最初の7700107177が欠品となっていない事で、入手可能と思われます。他の車種でこの品番が壊れない場合があるかもしれません。そう考えると壊れる理由がコイル以外にあるとも考えられます。なにしろ壊れないで走っている車もたくさんあるので、原因が掴みにくい症状なのは確かでしょう。やはり予備を持って走るしかないのかも知れません。本来こんな対策をオーナーが取るようではいけないのですけど。ちなみに現在のカングーやクリオ、メガーヌは壊れない車として評判が良いようですので、これからのルノーに期待しましょう。
Commented by そら at 2005-10-11 20:21 x
早速、今日壊れた部品の品番を調べてみました!

どうやら、3回目の改良時の品番でした。

大変、参考になりました。詳しい情報をありがとうございました。
Commented by A110ALPINE at 2005-10-11 23:08
このようなトラブル情報、調べられる物は調べていきたいと思います。なにしろ、今まで部品のカテゴリーの書き込みが少なかったので。
それにしてもこの手の話には、食いつきが良いですね。旧車専門なんで、新しい車への対応は限られていますが、お気軽にお問い合わせください。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30