アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

マイクロフィルム・リーダー

d0062721_5281764.jpg

1月の水害で、壊れたりした物も少しずつ買いそろえています。
事務用品や工具など、今でも普通に買えるものは、必要に応じて入手していますが、
古い車が仕事なために、古い物が必要になる事もあります。
上のトランクもその一つです。
車やバイクには、部品のカタログとなるパーツリストという物があります。
70年代初頭より古い物は、紙の本が主流です。
水害で使えなくなった物も、一部はPDFで保存していたり、
濡れたままスキャニングしたりして、再印刷して揃えました。
70年代中頃以降のパーツリストは、マイクロフィッシュになっています。
カメラのフィルムと同じような物で、葉書くらいの大きさの平たいフィルム・シートに
200ページくらいが焼き付けてあります。それを専用に機器で拡大して見るのです。
(ちなみにロール状のをマイクロフィルム、シート状をマイクロフィッシュといいます)

かなりスキャニングしたりして印刷してあったので、あまり使っていなく
棚の上の方に仕舞いこんでいたので、フィルムはほとんど無事でした。
でも、それを見るための、マイクロフィルムリーダーという機械が水没しました。
新しい機械も売っていますが高価だし大きいし、
でも、あまり使わないので安価で小さいのを探していいたのです。
そこで見つけたのが、コレ。
上の写真のトランクを開くと、マイクロフィルム・リーダーとなります。

d0062721_5414912.jpg


実際に使ってみると、ドイツ製なので、ルノーのフィルムと多少規格が異なり
少しだけ不便ではありますが、
カメラや双眼鏡で有名なMINOX製だけあって、映し出される絵はとても綺麗です。
やっぱりレンズが良いのでしょうね。

自分の用途には便利ですが、何故コンパクトなマイクロフィルム・リーダーが作られのか不思議です。
工場や政府や学校、研究機関、企業の資料室での需要が多いので小さく作る必要はありません。
実際に小さなマイクロフィルム・リーダーって、中古でもほとんど見つからないのです。
家庭用に作るとは考えにくいので、持ち運び用として作ったのでしょう。
MINOXは、小さなスパイカメラで有名なので、
もしかしたら、スパイや軍隊向けだったのかも???

ちょっとした妄想が膨らむ面白い機械でした。
[PR]
by A110ALPINE | 2014-09-06 05:55 | 水害日記
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30