アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

12万キロ達成

d0062721_3305943.jpg毎日の通勤に使っているキャトルが12万キロに達しました。一日数キロしか走らないし、遠出も少ないのであまり距離は進みませんが、さすが25年間、現役なだけに、距離もいってしまいます。前のオーナーから受け継いだ時に修理記録ももらったのですが、大きな修理はほとんどうけていないようで、丈夫なんだなーとしみじみ思います。あちこち凹んでいるし、リア・フードのヒンジにはヒビが、それにシートも破けていて、良い程度をは言えない車ですが、妙になじんでしまって(根っからの貧乏人だからか)しばらくは、この車に乗って行く予定。20万キロ目指してがっばってもらうつもりです。
[PR]
by A110ALPINE | 2005-12-03 03:42 | | Comments(4)
Commented by totozfactory at 2005-12-03 12:30
メカニカルなことは全く分りませんが、昔の車の方が長く乗れた気がします。私も今のワークス以前に乗っていた、ミラターボは、中古で買ったのですが、シートは全部バラバラ、ホイルもバラバラ、ボディは赤い色が色褪せて朱色になるほど、ヨレヨレのバリバリでしたが、それでも電気系統など、主要部分はメンテナンスしていた車(車屋さんが個人で乗ろうと思っていた)ので、快調でした。あちこち壊れても、なんとか直せたし。残念ながら車検で手放しました。今の車は電子制御なので、ちょこちょこ直せない部分が多いと感じます。最近の電化製品なんでもかんでも、「買った方が直すより安いですよ」状態なのがエコな我が家としては悲しいです。
Commented by A110ALPINE at 2005-12-03 19:38
古い車は機構が簡単ですからね。部品さえあれば直すのも簡単です。最新のは、ちょっとした事でバランスが崩れるので、いい加減な修理は受け付けてくれません。でも排気ガスがきれいとかは必要だし、快適だし、時代なんでようね。それにしても工賃も部品も高いから、距離を走って消耗しちゃうと買い換えた方が安いなんて事になっちゃいます。ということで、古い車に乗りつづけるようになっています。たんに貧乏なんですけどね。
Commented by vanitybox at 2005-12-05 04:24
そういう思い入れというか、気持ちがあって乗り続けられるのはいいですね。
車ではないですが。
ハーレーだと、自分が生まれる前の車両が現役で走れているのに、車ではそれがなかなか出来ませんもの。

いつか、余裕が出来たら。
ハーレー同様に、古くても気に入った車をずっと乗り続けたいものです。
Commented by A110ALPINE at 2005-12-05 17:20
私の車は、余裕がなくて(安いから)古いのですが気に入ってます。
バイクは、古くても不安なく乗れますよね。私も1958年式のCB250を友人に預けていますが、元気に走っているみたいです。部品点数が少ないのと補修部品が多い事、そてに保管状態が車より良いからと思います。それにバイクって感覚で乗れる乗り物だから、故障についても敏感に感じられるので、すぐに修理するのも丈夫で長持ちの秘訣でしょう。車は複雑すぎるし、これからはもっと複雑になって行くので、将来は町工場では修理不可能なんてなるかも。困ったものです。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31