アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

盗難未遂事件

今朝、会社に行こうとキャトル(左の写真の車)に乗ると、あれ??シートカバーがめくれてる。それに工具の袋がなくなって、シートに懐中電灯が置かれている??? エンジンをかけようとカギを入れて回すと、うんともすんとも言わない、あれ?どうした?
よく見ると、イグニッションスイッチから伸びる電気配線が切られて、焦げた後がある。明らかに車を盗もうとした形跡があるのだ。しかたなく、リードを家から持ち出してクロをつないで歩いて会社に行くことに・・。(普段はノーリードなんで、リードに慣れてないクロと歩くのは疲れるんです)

午後、ちょっとした工具を持ってキャトルの修理。とにかく青空駐車場では、完璧な修理はできなので、臨時に電気配線をつないで会社まで走らせようとしました。ところが、どこかで配線がショートしているのが、簡単には走りません。結局、いろいろ配線を変更して無理やりエンジン始動、エンジン以外の電気が死んだ状態で走って会社(工場)入りしました。
それにしても、この車、25年前の生産ですが、基本設計は40年以上前のまま、盗むには一番簡単なはず。それが出来ないなら泥棒などするな------!いや、盗むな!!!こら!! 怒りが込み上げます。

ちょっとばらしてみたところ、燃えていたのはイグニッション・キーから出ている配線で、これを修理すれば治せるようです。でも、すぐに治さず、ついでに盗難防止装置を取り付ける予定。イグニッションの他、いろいろな所にセンサーを取り付けて、25年前のボロには考えられないような盗難防止になる予定です。今度、泥棒が狙ったら、一発で退散するでしょう。あー悔しい!!!いらない仕事が増えちゃった。
[PR]
by A110ALPINE | 2006-05-17 00:23 |
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30