アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

ブルターニュ海の幸

d0062721_4354646.jpgブルターニュと言えば海の幸、写真上は舌平目のムニエル、下はラングスティーヌ。手長えびの一種で、日本ではアカザエビという名前だったと思います。胴体がシャコに似ていて、味もちょっと似ているかも。フランスでもヒラメやラングティーヌは高級食材ですが、せっかくのブルターニュだしね。
[PR]
by A110ALPINE | 2006-06-14 04:41 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by ぷーまま at 2006-06-14 07:46 x
まってました!食べ物便り。
お、おいしそうーー!
アカザ海老、生でしか食べたことがありません。そうか、火を通すとシャコみたいになるのか・・・。いいなあーー。
Commented by demi_zo at 2006-06-14 08:46
まってました!食べ物便り!×2
うおぉ〜〜〜ん、おいしそーー!
やっぱりわたしも手長エビ、こちらの山の中にも昔はたくさんいたそうですが。。。。。たべてみたいなぁ〜。ゴックン。
Commented by NAO at 2006-06-14 14:57 x
こんがり焼けた舌平目のムニエル美味しそうです!ラングスティーヌ?どうやって食べるの?殻つきのようですが・・・殻ごとは食べれませんよね~~?味付けは?何味なのかしら?
Commented by A110ALPINE at 2006-06-15 02:11
どうしても食べ物の旅となるので、次回を期待してください。

ぷーままさん、アカザ海老を生ですか、贅沢ですね。そういえば相模湾の深い所で取れるので有名ですよね。ラングスティーヌがアカザ海老と似た種類なのは確かですが、同じような味かどうかはわかりません。同じ種類でも育つ環境で味が違いますからね。

demi_zoさん、川海老は食べたことがないです。どんな味がするのでしょうね。これ、海のものですからシャコを想像してください。

NAOさん、ラングスティーヌ、殻ごと半分に切ってオーブンで焼いて、レモン&バターのソースがたっぷり。かりっと仕上げてあってレモンの酸味、バターのまったり感が、とても合っていました。美味しいですよ。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30