アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

メルシー・ジズー

d0062721_4234574.jpg

世界中で話題になっているジダンの頭突きですが、昨夜、ジダンがテレビでインタビューに答えていました。内容は、いろいろなニュースで伝えられている通りですが、彼が一番言いたかった事は、サポーター特に子供たちに、謝りたかったという事だったようです。
 
今回の件、さすがに驚きましたが、それより、これからが大変でしょう。
ご存知の通り、フランスはかなり昔から北アフリカ系の移民が多い国です。もちろん貧富の差や差別もあり、たくさんの人がそれと戦ってきています。ジダン本人も差別と戦うといったコマーシャルで出ているほどです。
最近になって、ますます移民が増えて、スペインやイタリアにたくさんの人がアフリカから流れ込んでいます。各国政府やEUもその対応に苦慮している現状です。また東欧からも入ってくる人も多いので、移民は欧州各国の共通の問題なのです。移民がすでに多いフランスはともかく、イタリアやスペインは、アフリカに近い事もありたくさんの移民が流れ込んで、対策が難しいようです。急激な移民の増加は、住民感情に良いはずもなく、差別的な事があったり、極右への支持があつまったりするのです。イタリア人同士では気にならない言葉も、アフリカ系移民には心に突き刺さる言葉があるのです。フランス、特に南仏は、昔から北アフリカ系の人達が多く、それを肌で感じる事も少なくありません。そんな背景が、「今回のジダンの行為は許されないが理解できる」と言う事なのだと思います。

もう一つ、この件が、今の世界を表しているような気がします。
イタリアのマテラッツィ選手は、勝つためにこの暴言を吐いたのでしょうが、勝つためには何をしても良いという風潮があるのは事実と思います。サッカーも勝つために荒いパワーサッカーが増えてますし、イタリアのクラブチームなどでは、極右(ナオナチまでも)動員して有色人種廃絶をスタンドで訴えたりしています。
 勝ち組み負け組みなんて言葉がでたりしていますが、企業も勝つためには、なんでもありと言う感じです。例えば、お菓子やヨーグルトの大企業ダ〇ンは、フランスの景気の良いときに上げた利益で工場を東欧に移転しました。フランスでも利益が上がるのに、もっと勝ちたいからと言う理由です。近年たくさんの企業が東欧などに工場を移転していて、フランスやドイツなどの失業率が上がっているのです。生き残りの為と説明していますが、あの莫大な利益をそれだけで説明できるのでしょうか?また、失業者が多いのは、移民が多すぎと言う人がいますが、実際に肉体労働には求人を出しても人が集まらないのが現状なので、その意見も間違いと思っていいでしょう。お金のある人は、もっとお金持ちに、貧しい者はいつまでも貧しくというのが、現在の社会構造になっているのです。
 ブログやソーシャルネットなど個人が気軽に発言できる場が増えていますが、そういった所でもちょっと強い立場の人が、弱い立場の人を攻撃したりバカにすることで支持を得ようとするのを見かけます。それも同じ構図のような気がしてなりません。
時に言葉の暴力は、実際の暴力以上に人を傷つける事になるのは言うまでもありません。特に人種差別などは許されるべきではありまえん。と言ってもジダンの行為を正当化するつもりありませんので、念のため。

そんな負け組みの貧困層から、実力のみで這い上がったジダンの今回の一件。そして昨日のインタビュー。彼は、相手への非難ではなく、サポーター達、特に子供たちに謝りたくてテレビに出演したのが伝わるコメントで、その気持ちは、たくさんのフランス人の心に伝わったのではと思います。
メルシー ジズー
(ジズーはジダンの愛称です)
[PR]
by A110ALPINE | 2006-07-13 04:23 | ひとり言 | Comments(4)
Commented by tricocbko_98 at 2006-07-13 19:58
先日の一件にこれほど深刻な問題が反映されているとは思いませんでした.ヨーロッパの移民問題は深刻なんですね.島国日本にいると,人種の違いと言われてもピンと来ません.これはこれである意味幸せな事かもいれませんが・・・・・.でも平和ボケしないよう,世界情勢をしっかり把握しておく事が必要だなと思いました.勉強になりました!

ちなみに今回の件,俺も暴力は嫌いですが,今回の件に限っては頭突きも仕方無かったのではと思います.誰だって大事な家族を誹謗,中傷されれば怒るのは当たり前です.ただ子供達にはあまりにもショッキングなシーンだったと思います.子供達とその親御さんには心から同情します.俺にはそれくらいしか言える言葉がありません.
Commented by A110ALPINE at 2006-07-13 21:44
移民や人種差別は、フランスではかなり以前からの問題なんです。でもイタリアでは最近になってクローズUPされて来たようで、フランスとイタリアの感覚に違いがあるように思えます。移民問題はイタリアがこれから克服しなければならない事なようです。
ちなみに今回のワールドカップ、始まる前から差別的な審判を集めてるとか問題になってたので、ジダンの一件はその象徴なのかもしいれませんね。
Commented by newflame at 2006-07-14 11:16
奥が深い、というか根が深いこの一件。ヨーロッパでこれほどまでに差別問題が深いとは思ってもいませんでした。アメリカに比べて、ヨーロッパはもっとましかと.....
誹謗中傷を端とするこいう事件は、聞くだけで暗くなりますが、自分の中に「そういう事件を起こす可能性が無い」とは言い切れない物があることを悲しくも思います。客観的な立場に立った時と、その中に巻き込まれた時......常に冷静に対応できるかと....ブログに置いてももっと気をつけていかねばと考えさせられました。
Commented by A110ALPINE at 2006-07-15 17:54
日本にいた時は、あまり気にしない事ですし、気づかずに加害者側になる可能性がありますからね。こっちに来て初めて言われる側の気持ちがわかりました。大半の人は差別なんてしませんが、同業者が悪口を言っているというのを聞いた事があります。日本人がアルピーヌの部品を売るのも不思議なことですから、最初から覚悟していましが、わかっていても腹が立ちます。
そういえば、昨日イタリアへ出張に行って、フランスナンバーの車を見つけては、フランスをバカにしている若者がいました。イタリアでも、モラルの低下が深刻なんだと思いました。セリエAの疑惑もそうですし、勝てばよいと言う感覚なんでしょうね。98年以降、フランスは治安が悪くなり最近回復してきていますが、イタリアはこれから悪くなるような気がしてなりません。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31