アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

暑い2

d0062721_493258.jpg
天気予報では昨日よりも気温が下がるはずなのに、今日の方が暑い。風は強くなったが、熱風では窓を開けても救いがありません。そして、湿度が一段と下がりました。湿度30%以下、ここまで来ると、氷水を入れたコップに水滴がつきません。体がベタベタしないので汗をかいたように思えませんが、確実に体の水分が取られています。飲みたくなくても水を飲んで脱水症にならないように気を使わないと危ないレベルです。そしてもっと危ないのが山火事、モンペリエやカーニュの近くで山が燃えたそうです。これからは、山は立ち入り禁止になるそうです。

写真は、アパートの窓からの景色、どの家も雨戸を閉めて陽射しを防いでいます。青い空がどこまでも広がっていて雲はまったく見当たりません。湿度が下がってか風の吹く日は、雲がなくなるます。はやく気温が下がらないかあー。
[PR]
by A110ALPINE | 2006-08-02 04:19 | ひとり言 | Comments(9)
Commented by tricocbko_98 at 2006-08-02 08:08
写真で見てる限りは,雲ひとつ無い青い空がどこまでも広がっていて,「綺麗な空だなぁ~」と感心しきりですが,そんなに暑いとは知りませんでした.観光ガイドには南仏は「夏は乾燥して過ごしやすい」と書いてありますが,じゃあこれは間違ってますね(笑).

それにしてもホントに綺麗な空です.
Commented by ぷーまま at 2006-08-02 08:36 x
ほんとうに綺麗な空ですね~。
写真はなかなか現実を伝えないのですよね。

南フランス、なるほどー、と思える綺麗な景色です!
Commented by demi_zo at 2006-08-02 08:40
湿気がないのはありがたいことですが、氷水を入れたコップに水滴がつかないって、なんだかイメージ出来ないな。。。
もしかして加湿器とか使うお宅アリですか?
Commented by A110ALPINE at 2006-08-02 16:08
tricocbko_98さん、写真より濃い青空の時がありますよ。絵葉書とか嘘じゃありません。南仏といっても、アルルやアヴィニョンなどプロヴァンズと呼ばれる地域は、夏は暑くて冬は寒い(風が強い)ので生活はたいへんです。でもニースからここまでは、夏でも30度弱、湿度も60くらいで安定しているので、通常は過ごしやすいのです。2003年と今年は異常なんです。観光にも影響があるみたいで売上ダウンだそうです。
Commented by A110ALPINE at 2006-08-02 16:14
ぷーまま さん、本当に綺麗な空ですよ。景色もいいし。でも気温だけが例年と違うのです。今日は風が強いので、ちょっと過ごしやすくなるそうですが、山火事が怖いです。

demi_zo さん、私たちも最初に水滴がつかないのを見て、冷えてないのかなと思ったくらい不思議な感じです。でも今では、水滴が湿度があるかないかの基準になっています。さすがに加湿器はありません。夏は湿度が無いほうが楽ですからね。でも冬に湿度が高くなるので、火事とか風邪とかには、いいみたいですよ。気候に関しては生活しやすい地域なんです。
Commented by newflame at 2006-08-02 20:01
う~ん、日本から見ると乾燥した夏って羨ましい限りなんですが、完璧にすごしやすいところなんて無いんですね。しかし、そんなこんな差し引いてもこの空は代えがたいものですね~
家のベランダからは神戸製鋼が見えます(苦笑)
Commented by A110ALPINE at 2006-08-02 21:18
たしかに、すばらしい空です。でも、5月から雨が降ってなくて雲もあまり出ないから、慣れてしまって、雨が恵みに感じるようになります。夏のヴァカンスには最高ですけどね。それに日本にはクーラーもあるし、コンビニとか便利さがあるので。隣の芝生は緑という事なんでしょう。
Commented by hipapa27jp at 2006-08-02 23:52 x
この写真を見ると綺麗でうらやましいですが、現実に気温が異常だと綺麗とか言ってる場合ではないですね・・・・。でもうらやましい・・・・。こんな青い空今年は見た事が無いです・・・。今日もやっぱり曇り空で長袖・・・。
私の町の人たちみんな 今年は表情も暗いです。
Commented by A110ALPINE at 2006-08-03 01:20
異常気象でも、ちゃんとしたクーラーを買う財力さえあれば普通に生活できますよ。うち貧乏だから。
この青空と青い海のために、たくさんの国から人が来て、別荘を買っていきます。それほど綺麗な地域なのです。そのお金で、わが町は生きているのです。町民たちは、夏の間は、笑顔を作ってお客様をお相手して、ヴァカンス客は笑顔で楽しんでいます。これだけなら良いのですが、秋から急にさびしくなるのが欠点なのです。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31