アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

夕暮れ

d0062721_5324037.jpg今日は強い風が吹いて、少し気温が下がりました。それでも31か32度はあったと思います。そして湿度は、ますます下がって25%弱、マジで山火事が怖い気候です。
湿度が下がると、太陽が沈む時も夕焼けにならず、空の青い色が、そのまま濃くなって暗くなります。写真はちょっと明るく写っちゃいましたけどね。(写真って難しい)
そういえば、ずいぶん長いこと赤い夕焼けを見てないような気がします。
[PR]
by A110ALPINE | 2006-08-03 05:38 | ひとり言 | Comments(3)
Commented by ぷーまま at 2006-08-03 08:24 x
ふーーーん、そうなんだ。
夕焼けは、赤か黄色だと思っていたら、それは湿度の高い日本だからなんだ・・
お勉強になりました。

でも、湿度のない暑い夏。経験してみたいようなきもします。
Commented by tricocbko_98 at 2006-08-03 09:22 x
そう言われると昔オーストラリアに行った時に見た夕焼けもこんな感じだったような気がします.オーストラリアも湿度が低いんですよね.

しかし湿度25%は日本では考えられない数値です.ホントに自然発火しちゃいますね.そういえば,フランスには自治消防団みたいのはあるんですか?日本の地区消防団の一員として,ヨソのお国の自治消防がどうなっているのちょっと興味があります.
Commented by A110ALPINE at 2006-08-03 18:12
ぷーままさん、今日は朝に雨が降り気温30度弱くらい、でも湿度は50%くらいでしょうか。とてもしのぎ易い気候です。湿度のない夏、いいですよ。

tricocbko_98さん、オーストラリアも乾燥地帯ですからね。アメリカでもアフリカでも乾燥地帯とか砂漠は、こんな夕暮れだそうです。

湿度25%、マジにヤバイです。雨が降っていないので下草が枯れているし、緑があってもオリーブとか松、コルクなど、水分がなく油の多い木なので、燃え出したら止まりません。消防は、基本的には消防署なんですが、たぶん消防団みたなのもあるようで、山を監視していたりしています。それに山火事には、飛行機の部隊もあるようです。大きな山火事の場合は、フランス北部の消防署やイタリアからも手伝いに来たりします。逆にイタリアやスペイン、ポルトガルなどの山火事にフランスから助っ人部隊が出て行きます。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31