アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

サツマイモ

d0062721_5562960.jpgぱぷりかさんのふかし芋を見て、こっちの芋で作ってみました。切って見ると中はオレンジ色、日本の芋のようには出来ないと思いつつ炊飯器でふかしみました。ぱぷりかさんの書いている通り、少しだけ水を入れて。出来上がってみると、水が増えてる??? なんかベタベタ、ゆるゆる???、ほんのり甘いんだけど、かなり違うものでした。やっぱりこっちの芋は、スープとかお菓子用なのかな。どう料理するのかわかりません?
どうしようもないので、うらごしして卵と粉を少し混ぜて焼きました。砂糖は入れずにクロのオヤツにもなるお菓子になりました。私達はなんか違うと思うのですが、クロはとっても気に入ったようです。
[PR]
by A110ALPINE | 2006-11-27 05:55 | コーヒーブレーク | Comments(4)
Commented by totozfactory at 2006-11-27 13:21
どこかのブログ(外国で暮らす方)で、同じような芋をさつまいもと同じ料理法で料理したら、美味しくなかったと書いてあったような・・・。見た目は同じでも種類が違うんでしょうかね・・。
う~ん、こういうのはそふぃさんにご登場いただかないと・・。
そふぃ~~~さ~~~~ん(呼んでみる)
Commented by Sophie at 2006-11-27 14:50 x
ぱぷさんに、呼ばれたので・・・・?!
ヨーロッパで、サツマイモの料理を食べた記憶がないというか、ジャガイモの料理の方が、フランス料理、ドイツ料理、イギリスをはじめ、ヨーロッパで美味しく料理をいただいたので、印象深いですけどね。

調べてみると、サツマイモはジャガイモよりビタミンCが多く、基本的にはジャガイモと同様に調理するけれど、甘味があるため、ジビエや鴨料理の時、栗の代わりに用いることが多いそうです。
そういえば、日本料理の鯛のアラダキを食べた仏人が、甘味があるのでデザートだと言ったとか聞いたことありますが、(果物の甘味は別として)仏料理に甘味を用いることは、少ないのかな? なので、サツマイモ=野菜と考えると、出番が少ないと推察します。
果物の甘味は取り入れ、鴨のオレンジソースや、フォワグラにはイチジクを合わせるのにね。 仏料理の塩辛さが、最後の甘いデザートと合ってコースを完成させると、私は思ってるのですが。
Commented by A110ALPINE at 2006-11-27 17:40
ぱぷりかさん、中身がオレンジだし、種類も育つ環境も違うのでしょう。以前、天婦羅でもベチョベチョで美味しくなかったし、どう料理するの???なんで売っているのか不思議に思います。
Commented by A110ALPINE at 2006-11-27 17:45
ソフィーさん、私もそう思います。ジャガイモが美味しいのにね。
こっちの料理って甘味が少ないから、デザートが強く甘くなるのだと思います。でも最近はサロン・ド・テが流行りで、新しい御菓子屋さんは、甘味をおさえてるみたいです。日本向きですが、フランスのコース料理には向かなくなってるみたいです。古いパテシエの方がフランスらしいと思うのですけどね。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31