アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

サハラ

d0062721_16585788.jpg下のポストのクワドの大会、走るだけではなく、クワドやバイク用品を販売すつテント村ができていました。その中でも目を引いたのがこのバイク。売り物ではなく展示車両。昨年のパリダカに出た方のマシンで、ヤマハの2輪駆動だそうです。ちょっと前のパリダカと言うとビックOFFに50リッターも入るガソリンタンクのイメージですが、最近は航続距離が短いせいかとてもコンパクト。普通の林道なら簡単に入っていけるような大きさです。

d0062721_1734397.jpg
これがパリダカ・マシンのコックピット。距離計(ナビコン)とマップ・ホルダーが使いやすそうに並んでいます。展示車両からははずしてありましたが、これにGPSが追加されます。砂漠を走りながらこれらを扱うのは面倒にも思いますが、リズムに乗れば、とても頼りになって安心感のある装備となります。

で、このバイクを展示しているグループ、サハラ砂漠の真中でクワドやラクダのツアーをしているそうです。サハラの写真も展示していて、とても綺麗、一度は行ってみたい所。宝くじでも当たらないかなー。
ツアーのサイトです。http://www.itranesahara.com/写真を見ているだけで綺麗です。
[PR]
by A110ALPINE | 2006-12-18 17:11 | | Comments(2)
Commented by tricocbko_98 at 2006-12-19 23:37
私のレプリカ計画のお手本になりそうなバイクですね(笑).しかも2-trac.いよいよ2輪のラリー界にも4輪ならぬ2輪駆動の波が押し寄せてくるのでしょうか.

それにしても今はまだGPSがあるからまだいいものの,昔はマップひとつであの広大な砂漠や平原をダカール目指して走っていたんですね.よく道に迷わずゴールまでいけるものだと感心します.
Commented by A110ALPINE at 2006-12-21 22:15
OFFを走れば必ずスタック経験はあるので、フロントが駆動するのは夢ですよね。でも市販として出ないのは、性能、信頼性、それに価格の問題があるのでしょう。まだまだ将来の技術なのだと思います。
ラリー、特に砂漠ならマップとコンパスだkでも大丈夫と思いますよ。GPSは念のためと、それを使ったコースがあるからで、普通のルートならGPSがなくても迷わないでしょう。もちろん昼と限定すればです。夜になったらと思うだけで怖いです。ちなみに日本でもマップホルダーに小さな地図を入れておくだけで便利です。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31