アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

ガトー・ド・ロワ

d0062721_2227297.jpg一月のお菓子といえば、ガレット・ド・ロワ。 パット・ド・アマンドのガレットにフェーブという小さな陶器が入っています。フェーブは当たりくじのようなもので、当たった人が王様になるのです。王様に贈られるのが王冠、お菓子に金色の王冠(紙)がついてきたりすます。クロがかぶっているのが、この王冠です。
ちなみに南仏では、ガレットのかわりにブリオッシュ、上にフリュイ・コンフィを飾ったものになります。ガトー・ド・ロワとも呼ばれているそうです。

クロです。お菓子ももらえずに、迷惑な王冠だけかぶらされてます。こんなの欲しくないから、オイチイのもらえませんか?でも、これって今年一年、わたしが王様?下々の者ひかえー。
[PR]
by A110ALPINE | 2007-01-04 22:41 | ひとり言 | Comments(6)
Commented by Sophie at 2007-01-05 18:57 x
クロちゃん、王冠が似合いますね。王様というより、前世はどこかヨーロッパのお姫様なのかしら?
私が知っている南仏で公現祭に食べる王冠型(丸い輪になった形)のパンは、パン・デ・ロワといいますが、Oさんの書かれたガトー・ド・ロワの事でしょうか。南仏でも地域やお店によって呼び名が違うのかな?
日本では、フィユテ(パイ)生地のいわゆるガレット・デ・ロワが、(お店によりますが)並んでいます。日本でも、ガレット・デ・ロワ協会というものも、設立されたし・・・。果たして、どこまで流行るのかな?私的には、パン・デ・ロワの方が好きなんですが。
Commented by totozfactory at 2007-01-05 23:21
わーーおんなじ犬と思えなーい(平坦口調)。
なんでウチのは2頭とも田舎っぺ大将系なんだろー。

泣いてなんかいないよ・・・。
Commented by A110ALPINE at 2007-01-06 01:54
ソフィーさん、ブリオッシュでできてますからパン・ド・ロワの方が正確な表現ですね。たぶん、南仏はブリオッシュで町によって形や飾りが違うそうです。このあたりは、ブリオッシュを編んで焼くそうです。1年前のポストに写真がありますので参考にしてください。
日本で流行るかどうかはわかりませんが、協会がフランス大使館などでイベントをしているそうです。
Commented by A110ALPINE at 2007-01-06 01:58
ぱぷりかさん、同じドベなにの一匹一匹違いますよね。ドーベルマンさんの同じ先祖とは思えないほどです。
お正月の写真、トトちゃんもタモンくんも個性が出ていていいですね。楽しそうに写っています。もう少し上手く写したいのですが、パプリカさんのように行かないのが残念です。
Commented by ぷーまま at 2007-01-06 09:53 x
うーーん、いつもかわいいなあ。
ノエルの顔は細いのだけど、えらが張っていて、すごくおっさん臭いです。男の子だから良いけどね。
 
ところで、弟さんはいつ帰国予定で、いつフランスに帰る予定ですか。
あわせてサーモン作りますから・・・一、二枚なら、いつでも作れることがわかったので・・
Commented by A110ALPINE at 2007-01-06 22:40
ぷーままさん、ありがとうございます。
メールしますね。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31