アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

マンステールの悲劇

d0062721_717309.jpgアルザス地方のチーズ、マンステール。とてもにおいが強く(はっきりって臭い、う〇この臭いです)、でも口に入ればまろやかな味のチーズです。フランスのクサヤと言えばわかりやすいと思います。
 
 近所の友人がクリスマス休暇にアルザスに里帰りした時の話です。お土産にと、マンステール・チーズ、それも南仏では手に入らない本物をたくさん買い込んだそうです。今までにもマンステールをお土産にして喜ばれたので、今回は多めに買って、タッパやジップロックに入れてと万全の準備をしていたのです。でも、今までと違う事がありました。いつも車で移動していてのに、今回は飛行機だったのです。車よりも速い飛行機なら鮮度も良く持ってこれるはずだったのですが・・・・。
なんと、飛行機に乗る前のセキュリティ・チェックですべて取り上げられてしまったそうです。液体やジェルなどは禁止ですが、チーズが禁止??? 飛行場側の説明では、硬いチーズ(パルメジャーノやエメンタールなど)は固形なので問題ないが、軟らかいチーズ(カマンベールやブルー、もちろんマンステールも)は禁止になっているというのです。化粧品などの化学製品なら納得できてもチーズまで取り上げなくても・・・・。マンステールの暴力的なにおいが搭乗拒否というのなら納得できても、これはちょっと無茶な話だと思うのですが。

写真は、スーパーで買った普通のマンステールです。左のは美味しかったのですが、右側の小さい方は不味かった。くさやでも大丈夫という臭いに強い方はお試しください。口に入れてしまえば美味しいチーズです。
[PR]
by A110ALPINE | 2007-01-20 07:37 | コーヒーブレーク
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30