アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

シーザーのテングダケ

d0062721_5153121.jpg近所の友人から茸をいただきました。近くの山で取れるそうです。
シーザーのテングダケという名前で、ローマ時代にシーザーの食卓に並んでいた事が名前の由来だそうです。

生でも火を通しても美味しいということですが、今回は、友人のお勧めのバター・ソテーにしました。香りが良くとても美味しくいただきました。

d0062721_5213827.jpg

[PR]
by A110ALPINE | 2008-05-19 05:20 | コーヒーブレーク | Comments(3)
Commented by ぷーまま at 2008-05-19 07:51 x
うほー、おいしそう。
テングタケというより、ブラウンマッシュルームっぽいですね。

そちらには、アンズタケというとても美味しいキノコが生えるらしいです。一回食べてみたいです。(日本でも場所によっては生えるらしい)
Commented by ぷーまま at 2008-05-19 17:02 x
今、調べてわかりました。
タマゴタケでした。
http://www.asahi-net.or.jp/~aj6h-ab/1315.htm
美味しいのだそうです。
私は食べたことがありません。
あれ?誰だったっけなあ。
食べてた、ドーベルマン飼いがいます。
いっぱい生えるのだそうで・・シチューにすると言っていました。
あ~~ん、だれだったかなあ。
(ヤンママさんかな)
Commented by O&クロ at 2008-05-19 21:43 x
ぷーままさん、マッシュルームと比べるとかなり大きくてテニスボールくらいの大きさがありました。フランス語で”amanite des César”と言うのですが、amanite がテングダケとなっていたので、テングダケの仲間と思っていました。以下のサイトに載っていますが、形からするとタマゴダケなんですね。さすがぷーままさん、勉強になります。
http://armorance.free.fr/valchamp/champi25.htm
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30