アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

彼女の島 その8

ゆっくりと時間の流れた島を後に、往路と同じく船--バス--船と乗り継ぎ、ノルウエー中部にある街に戻ってきました。少しだけ時間があったので、街を一回りしました。ノルウエーらしい建物が並ぶ綺麗な街です。ちょっとだけショッピングセンターに入ったりしましたが、物価が高いし、服などは小柄な日本人に合うサイズなと見つかるわけもなく、買い物もせずに、そのまま帰路についたのでした。
Kanaさん、Anちゃん、本当にお世話になりました。また機会があればと思っています。その時は、よろしくお願いします。

d0062721_5562265.jpg

d0062721_5563956.jpg

d0062721_556555.jpg

d0062721_5572276.jpg

d0062721_1201349.jpg







d0062721_5582983.jpg今回の旅は、すべて完璧と言うほど素晴らしかったのですが、最後に落とし穴がありました。
帰りのノルウエーからオランダまでの飛行機の中の事です。何故か有色人種のみ後ろの方の席にまとめらていたのです。それはそれで不思議なのですが、その後ろの席にだけアルコール類を出してくれません。ビールと言っても「無し」と言われるだけで、「水にしろ」と言われます。そんな時に前の方の席からビールと声がかかると、何もなかったようにビールと持って前の席の人に渡すのです。明らかな人種差別としか思えないのです。席を決める時点ですでに操作があったとしか思えないとすると、かなり組織的と疑わざるをえません。
この飛行機会社、今までサービスも良く気に入っていたのですが、これからはなるべく避けるようになるでしょう。近年、移民の少なかった国にも、いろいろな国からの人が入ってきているので、移民を良く思わない人も増えているのでしょう。でもサービスにかかわる人が差別をすることは会社としてそれを容認しているのと同じです。旅行者にとって飛行機会社といえば国の顔のような物、その国の印象を大きく左右してしまいます。これは社員教育といった問題を超えているとは思いますが、今のうちに対策をしないとこの会社、大変な事になるでしょう。旅行の時、せめて飛行機の中くらいは快適に過ごしたいと思うのは、世界共通と思うですけどね。
[PR]
by A110ALPINE | 2008-08-31 06:20 | ひとり言
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30