アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

彼女の島 その8

ゆっくりと時間の流れた島を後に、往路と同じく船--バス--船と乗り継ぎ、ノルウエー中部にある街に戻ってきました。少しだけ時間があったので、街を一回りしました。ノルウエーらしい建物が並ぶ綺麗な街です。ちょっとだけショッピングセンターに入ったりしましたが、物価が高いし、服などは小柄な日本人に合うサイズなと見つかるわけもなく、買い物もせずに、そのまま帰路についたのでした。
Kanaさん、Anちゃん、本当にお世話になりました。また機会があればと思っています。その時は、よろしくお願いします。

d0062721_5562265.jpg

d0062721_5563956.jpg

d0062721_556555.jpg

d0062721_5572276.jpg

d0062721_1201349.jpg







d0062721_5582983.jpg今回の旅は、すべて完璧と言うほど素晴らしかったのですが、最後に落とし穴がありました。
帰りのノルウエーからオランダまでの飛行機の中の事です。何故か有色人種のみ後ろの方の席にまとめらていたのです。それはそれで不思議なのですが、その後ろの席にだけアルコール類を出してくれません。ビールと言っても「無し」と言われるだけで、「水にしろ」と言われます。そんな時に前の方の席からビールと声がかかると、何もなかったようにビールと持って前の席の人に渡すのです。明らかな人種差別としか思えないのです。席を決める時点ですでに操作があったとしか思えないとすると、かなり組織的と疑わざるをえません。
この飛行機会社、今までサービスも良く気に入っていたのですが、これからはなるべく避けるようになるでしょう。近年、移民の少なかった国にも、いろいろな国からの人が入ってきているので、移民を良く思わない人も増えているのでしょう。でもサービスにかかわる人が差別をすることは会社としてそれを容認しているのと同じです。旅行者にとって飛行機会社といえば国の顔のような物、その国の印象を大きく左右してしまいます。これは社員教育といった問題を超えているとは思いますが、今のうちに対策をしないとこの会社、大変な事になるでしょう。旅行の時、せめて飛行機の中くらいは快適に過ごしたいと思うのは、世界共通と思うですけどね。
[PR]
by A110ALPINE | 2008-08-31 06:20 | ひとり言 | Comments(10)
Commented by Sophie at 2008-08-31 07:08 x
それは、サービスのプロ意識の欠落。
組織的にしているなんて、信じられない話です。
旅行って、飛行機の快適さが旅の印象を左右しますのにねえ。
Commented by obakappu at 2008-08-31 07:53
いまどき、そんな会社があるんですね。
オリンピックだって『白人のスポーツ祭典』で、うわべの『世界はひとつ』を叫んでいることは知っていますが・・・。
少なくとも、公の場では慎んでいるものと思っていました。

こんなことがあった・・って、訴えるところはないのですか??
『この会社は、こういう最低の・・』と書き込める情報チャンネルとか・・
Commented by elvisjade at 2008-08-31 08:47
私もかなり激しい人種・人権侵害を受けたことがあります。
ビジネスクラスを取ったのに、犬(エルビス)がいることでエコノミーへの移動を半ば強要されたことがります。
フライトアテンダントのチーフのような女性でした。

もちろん断固拒否しましたが、
それが気に入らなかったのか、パイロットにまで波及して
飛行中であるにも関わらず、パイロットがコックピットから出てきて
わざわざ私に事情を聞きに来ました。
全く納得がいかず、着陸してからクレーム内容を書いたメールを談が送りましたが、上部ではどのような処理をしたのかわかりませんねー。
アジア人と、障害を持った犬連れの白人。何であんたらがビジネスに座っているんじゃー!!!!と。
これは差別の格好の対象だったのでしょうね。

あ、これはアメ○カン・エアーの話です。
Commented by O&クロ at 2008-09-01 00:52 x
Sophieさん、今回、飛行機に乗っている時間は短かったのですが、それでも人を不機嫌にさせるには十分なんですよね。困ったものです。
Commented by O&クロ at 2008-09-01 01:04 x
ぷーままさん、ほんと、今時、これはないでしょと思うのですが、実際には今だからこそ、差別が増えているのでしょう。フランスのように昔から移民の多い国、それに観光の国は、肌の色の違いも慣れているのですが、最近になって移民の増えた国も多いので、それが新たな差別を作っているようです。
文句の一つも言いたいので、このブログに書いちゃいました。公式に苦情も言えるかもしれませんが、そのエネルギーを使うのももったいないので、ブログのみにしておきます。
Commented by O&クロ at 2008-09-01 01:05 x
elvisjadeかあちゃん、凄い経験していますね。人種差別は、その国や地域の事情もあるでしょうが、身障者を差別するとは、考えられない不始末ですよ。しっかりとした対応がないということは、その会社、その程度のレベルなのでしょう。レベルの低い相手と交渉するほど疲れますからね。
Commented by かまた at 2008-09-01 12:57 x
・・・・そんなことがあったんですね。
航空会社はその国のイメージを左右する代表のような会社なので
今の時代にこの行為を続けたら、最終的には自分達の首を絞めることになるでしょう。
でも、せっかくの素敵な一週間のヴァカンスの最後に
とても残念な出来事でしたね。
前列で普通のサービスを受けていた人たちの中で
この出来事を不愉快に思う人が多少なりともいてくれることを願います。
Commented by Kana at 2008-09-02 03:30 x
ニダ・ロス教会は見れたのですね!よかった。トロンハイムは、運河があることや、この教会があることで、とてもチャーミングな町だと思います。私は個人的に好きで、一度は「ここに住む?」と言う話も出たことがありますが、バブルのせいか中心地から30キロ以上離れた小さな家でも日本円で6,000万円は下らない価格なので、やっぱ無理ってことになりましたよ(苦笑)

私もこのK○○好きな航空会社なのになぁ~。国も人も好きななのに、とても残念。最近はかなり人の意識も変わって来てるとは聞いていますが、航空会社はその国の顔ですよね!まったく、、、

後ろ姿の猫ちゃん、可愛い(^_^)
Commented by O&クロ at 2008-09-02 03:33 x
かまたさん、最後の最後に気持ちが沈みました。こっちで暮らすと、稀にですが差別を感じることがあります。大半の人は、差別を良く思わないようですし、それを見ると差別を受けている人以上に怒る人がいたりします。低俗な連中を相手に本気になっても疲れるし時間の無駄なので、黙って友人たちにこの話をしたりしています。こうやって観光客の足が遠のいたら、国そのものがヤバイのですが、それに気がつかないような人達なのでしょう。
Commented by O&クロ at 2008-09-02 03:44 x
Kanaさん、ニダ・ロス教会は外側からだけでした。入場料をとられるのに、30分くらいしか時間がなったので、次回にと思っています。
それにしてもトロンハイムでの不動産が高いとは。本気でバブルですね。でもオイルマネーだから、簡単には下がりそうもないところが怖いです。
私もこの飛行機会社、好きだったのですが、こんな対応をされるとは驚きでした。アムステルダム-ニース間の対応は素晴らしかったのですが、一度でも悪い事があると倦厭してしまいそうです。
最後の猫ちゃん、いいでしょ。トロンハイムを歩いていたら、中に入れて欲しいと訴えている猫ちゃんを見つけたのです。こういった瞬間が大好きです。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31