アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

いつものこと・・・だが

d0062721_255680.jpgアルピーヌからA110の内装キットが入荷した。発注してから2ヶ月くらいかかった。しかし・・・リアのシートとカーペットの左側が2個づつ入っている。もちろん右側は入っていない。このキットは、いつもこうで、間違いない時が少ないくらいだ。チェックシート(右下の紙)が同封されているのが笑える。
まーそれでも、ちゃんと交換してくれるから問題ないし、なによりも品質が違う。それにこのキット、普通に販売しないGBSスペシャルのような部品で、詳しいフランス人でもアルピーヌ純正というと驚かれる事がある。アルピーヌ内部でも部品番号を知る人が少ないくらいだから、内容を間違うのもしかたないと諦めるしかないようだ。
最近、何件かの内装屋さんでレプリカが出ているが、なんとなく雰囲気が違う。アルピーヌの半額で売っているのだから似てはいても同じように作ったら赤字なのだろう。本物を組んだ車は、ちょっと見ただけでわかるほど違うので、高くてもアルピーヌ純正以外は扱わなくなってしまうのだ。高いといっても、このキットで1332ユーロだから普通の価格といってもいいだろう。でも、敵はこの半額、実際に見比べた人のみが買う一品なのだ。
[PR]
by A110ALPINE | 2005-06-07 02:34 | 部品 | Comments(2)
Commented by 水色エラン at 2005-06-10 21:57 x
内装もアルピーヌ純正で作っているのですね(感動)!!
Commented by A110ALPINE at 2005-06-10 22:37
はい、一度、欠品になったらしいのですが、GBSの前オーナーのゴノ氏が、アルピーヌに再生産させたらしいのです。かなり無理を言ったのでしょう。それ以来アルピーヌで定期的に作る部品になりました。同じ頃、ホイールが再生産されたのもゴノ氏のリクエストと聞いています。A110の部品は少量生産可能な小さな工場で作られる場合が多く、このような無理がきくようです。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31