アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

エポックオート2008

リヨンのユーロエクスポで、クラッシックカー・ショー、エポックオートが開かれました。
今年は、イスパノスイザがテーマ、たくさんのイスパノスイザが並ぶ姿に圧倒されました。
d0062721_6125633.jpg

イスパノの他にポルシェもテーマになっていました。
このような車がたくさん並ぶだけでなく、クラブや部品関係のスタンドが多いのも、エポックオートの特徴です。金曜は、夕方からの開催でしたが、駐車場が満杯になるほどの人手でした。
d0062721_620830.jpg


d0062721_6224591.jpg
今回、忙しくて時間が取れなかったので、金曜の夕方から夜の短い間のみでした。
それでも、このリヨンまで来たのは、このお菓子があるから・・・ではなく、これはベルリネッタMagのソワレ(つまりちょっとしたパーティーです)の一齣です。日本で一緒だったマンセル夫妻と再会して、いろいろな話をすることができました。
[PR]
by A110ALPINE | 2008-11-10 06:30 | | Comments(6)
Commented by obakappu at 2008-11-10 08:17
美しいー!
エンブレムだけ欲しいです!!
Commented by O&クロ at 2008-11-10 17:32 x
帰ってきてから写真を見たら、エンブレムばかり撮っていました。エンブレムも売っていましたが、値段が表示していある所はありませんでした。高いんだろうな。
Commented by at 2008-11-16 09:06 x
リアルなエンブレムですね。鶴さんでしょうか?
こういうのが当時のステイタスだったんでしょうね。
まるで彫刻を車にくっつけて見せびらかしているようで面白いですね。視界の妨げにならないように細身に作られているんでしょうか?



2枚目の写真はポルシェのコーナーかな?いずれにせよ美しい曲線の造形美ですね。

FRPで出来ているんでしょうか?こんなに複雑で大きいボディを作るのは、相当熟練した職人さんなんでしょうね。なでまわしたくなるような滑らかなラインです!いつの時代もこういうスター的な存在の車たちはみんなの夢の結晶のようですね。きっとエンジンもすごい事になっている事でしょう…
Commented by O&クロ at 2008-11-17 17:04 x
箸さん、エンブレムはコウノトリと思います。
この時代の車は、超高級なので、エンブレムにもお金が掛かっているのでしょう。視界なの気にしない時代なので、窓の大きさが小さかったり、おそろしく長いボンネットだったりします。馬車からの乗り換えの時代ですからね。
ポルシェは、たぶんFRPでしょう。耐久用ですが、まだ燃費など気にしないで作れた時代なので、かなり凄い馬力と思いますから、乗ったら恐ろしいモンスターなんでしょうね。これを運転できるのは一部のドライバーだけですから、車もドライバーもスターだったのでしょう。
Commented by hipapa27jp at 2008-11-27 01:36 x
917は子供の頃からカッコイイ!と憧れていました。 特にガルフカラー 最高です! 私ポルシェも好きなんです・・・。
Commented by O&クロ at 2008-11-27 02:48 x
hipapa27jpさん、やっぱり栄光のルマンですよね。あの頃は、車が輝いていた時代、それに進化が速かった時代なので、見ていて楽しかったのでしょう。現代は見えない進化が多いので、観客側はわかりにくいですよね。機械もシステムも、そして運営もレギュレーションも複雑になりすぎたのでしょう。
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31