アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

JR FILTERS

d0062721_22542810.jpgJRフィルターの取り扱いを始めました。JRフィルターは、世界でも最も吸入抵抗の少ない事で有名なフランスのエア・フィルター会社です。特に欧州車の純正交換タイプに関しては抜群の品揃えで、最新の車から旧車まで、フェラーリからフィアット500まで、たくさんの車種を用意しています。
また、チューニング向けに吸入高率の良いボックスごと交換するタイプもあります。これらのアエクリーナーは、洗浄して繰り返し使用できるタイプですので、経済的でもあります。
 その他、活性炭を使った花粉フィルターもありますので、欧州車で純正以上の性能の花粉フィルターをお探しの方にも朗報と思います。
JRフィルター社のサイトから車種別に部品を探すことが可能です。このサイトから部品番号を探してご連絡いただければ見積もりをお出しします。
[PR]
by A110ALPINE | 2007-02-28 23:06 | 部品 | Comments(0)

リヤ・ウイッシュボーン サンクターボ

d0062721_18522474.jpgサンクターボやA310V6のリヤのウイッシュボーン(ロワー)が再生産されました。ブッシュ付きとブッシュ無しが選べます。部品の出来も悪くなく、ブッシュも純正品を使っていますから安心してお使いいただける部品です。
[PR]
by A110ALPINE | 2007-02-28 18:54 | 部品 | Comments(0)

モンマルトル

d0062721_6595117.jpg


パリではモンマルトルの友人宅にお世話になっていました。
モンマルトル近辺はパリらしい風景がたくさん残っていてとても綺麗です。

たくさんの写真を撮りました。

ご覧なりたい方はこちらをどうぞ
[PR]
by A110ALPINE | 2007-02-28 07:06 | ひとり言 | Comments(2)

オニオン・グラタン・プープ

d0062721_313538.jpgオニオン・グラタン・スープ、私にとってはパリのカフェで食べる夜食のイメージがあります。
オペラのあたりを歩いていて、ひょいっと入ったカフェで注文しました。お味は普通、特別な事はありませんでした。でも、これだけでパリの雰囲気はバッチリ!(おもいっきり単純な私です)
写真下は、ショコラのデザート。綺麗に飾っていましたが、やっぱりお味は普通、カフェに期待してもしょうがないんですけどね。誰かパリの美味しいカフェ、紹介してください。でも次にパリに行くのは1年後、それまでにパリを研究しておかないと。


d0062721_3214236.jpg

[PR]
by A110ALPINE | 2007-02-26 03:21 | コーヒーブレーク | Comments(6)

アール・エ・メチエ

d0062721_20154562.jpgパリにある技術工芸博物館、ミュゼ・アール・エ・メチエに行きました。パリ市庁舎の近く、メトロのアール・エ・メチエ駅を降りてすぐの所にあります。
昔の工芸品や歴史的な建造物の模型、印刷や通信技術、コンピューター、最新素材やエネルギー産業などさまざまな技術についてわかりやすく展示しているので、家族で楽しむことができます。
土曜日なのに訪れる人も少なく、ゆっくり回ることができました。パリ観光の穴場です。

写真下は、昔の教会を改装して展示している空間で、一番高い所からフーコーの振り子を吊っています。地球の自転を実感できる所です。

d0062721_20335535.jpg

[PR]
by A110ALPINE | 2007-02-25 20:42 | ひとり言 | Comments(2)

カフェ・ド・ラ・メリー

d0062721_5345043.jpgアルピーヌ各車のミニカーが並び、奥にはゴルディーニのタペットカバーも見えます。でもこれは、レトロモービルで撮ったものではなく、パリにあるカフェのショーウインドーなんです。レトロモービルの会場ポルト・ド・ベルサイユ駅からメトロで2つ目、ボージラール駅からすぐの所にあるメリー(区役所)の前に、このカフェ・ド・ラ・メリーがあります。アルピーヌ好きなオーナーのコレクション、自宅には本物の車も含めて、まだまだたくさんのコレクションがあるそうです。
ちなみに、このカフェ、オーベルニュ料理がメインです。アリゴやトリファド等のジャガイモ&チーズ料理、オーベルニュ特産のハム、ソーセージ、その上、牛肉もサレール種と、オーベルニュの美味しい食品が揃っていました。

d0062721_556417.jpg

[PR]
by A110ALPINE | 2007-02-24 05:58 | コーヒーブレーク | Comments(0)

もう一つのレトロモービル

d0062721_7175480.jpgレトロモービルはフランス最大のクラッシックカー・ショーです。クラブや自動車メーカー、それにレストア業者や部品業者、各車種の専門店などがスタンドを出しています。
写真左は、ベルリネッタ・マガジンのスタンドを中から撮ったものです。毎年、同じように見えるレトロモービルですが、中から覗くと少しづつ変化してきているのがわかります。
 今回、驚いたのはルノーのブースが無かった事です。自動車メーカーのブースはショーの華、フランスのプジョー、シトロエン、ルノー、それにメルセデスやBMWが大きなブースを開いていました。しかしクラッシックカーのショーが、メーカーの宣伝媒体として効果的かどうかは、メーカーの事情によって異なるでしょう。少なくともルノーにとっては、宣伝効果が少ないと判断されたようです。古い車が好きな方がルノーに乗るようになれば、ルノーもレトロモービルに帰ってくるのだと思います。
 部品関係についても変化がみられます。昔は「レトロモービルで見つからない部品はない」とまで言われたのですが、近年、部品業社が少なくなっています。特に良い部品を並べている所が少なくなっているのです。ネットなど通信販売が発達したおかげでスタンドを出す必要がなくなってきたのです。しっかりした基盤のショップ程この傾向が強いよう思います。日本など遠くから部品を買い付けに来る人には困った話ですが、パソコンの前に座っていた方が部品の入手が簡単になったと言う事でしょう。
 でもレトロモービルが衰退したわけではありません。部品の買い付けは出来なくても、情報の交換はますます盛んになっています。クラブ、専門店、メーカーが集まるレトロモービルならではの情報が溢れています。たとえば「数年以内にフランスのメーカーから新型のスポーツカーが出る」「今度はあの部品がリプロされる」「あの車をレストアしたのは展示している業者じゃなくて本当は誰某・・・」等等さまざまな話が飛び交っているのです。レトロモービルがショーと呼ばれずにサロンと呼ばれている由縁でしょう。これがレトロモービル本来の姿なのだと思います。
 写真下は、夜、会場を閉めてから、内部の人たちと一緒に帰る時に撮ったものです。たくさんの人が行きかうのも華やかですが、それが終わった後も静かで趣があります。

d0062721_7554744.jpg

[PR]
by A110ALPINE | 2007-02-23 07:55 | | Comments(0)

レトロモービル 2007

レトロモービルのフォト・ギャラリー後編です。
d0062721_7245362.jpg

やっぱり重い写真が続きますので、

続きはこちらからご覧ください
[PR]
by A110ALPINE | 2007-02-22 07:34 | | Comments(6)

レトロモービル 2007

レトロモービル・ギャラリー、写真でこの雰囲気を楽しんでください。
d0062721_732418.jpg


少し重い画像が並びますので、

もっと見たい方はこちら
[PR]
by A110ALPINE | 2007-02-20 07:36 | | Comments(6)

レトロモービル 2007

d0062721_2073796.jpg
レトロモービルから帰ってきました。写真は、今年のメイン、ピンクフロイドのニックメースンのコレクションたちです。
金、土、日曜と週末だけ仕事を休んだのに、机の上には仕事や山積みです。時間を見つけてレトロモービルの写真をUPしたいと思います。
[PR]
by A110ALPINE | 2007-02-19 20:11 | | Comments(2)
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー