アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

熱線入りFウインドー

d0062721_22355411.jpg

A110用の熱線入りフロント・ウインドーが入荷しました。
このウインドーは、アルピーヌA110が作られていた当時からオプションとして設定があり、数年前までは純正品が手に入ったのですが、アルピーヌの納入業者が生産を止めてから欠品となっていました。最も純正品は1000ユーロを越える高級品でしたし、近年のウインドーの熱線の入り方が昔と異なるので、あまり売れる部品ではなかったのですけどね。

A110にお乗りの方は、ご存知と思いますが、デフロスターの熱風が均等にでなくて曇りが綺麗に取れないのです。そのためこの熱線入りのFウインドーをオプション設定していたようです。私自身、雪道を走ったりした時に、この熱線がとても効果的なのを何度も経験しています。走らせる環境にもよりますが、一度、この効果を実感してしまうと、どうしても欲しくなってしまう熱線入りのウインドーですが、純正は欠品になってしまいましたし、一部でリプロされていたのも、茶色のスモーク入りで車検未対応だったりして、諦めて普通のウインドーにする人が多かったようです。

それが、最近、競技用のウインドーを専門にしている会社で新たに生産されました。
写真の通り、昔のウインドーに近い方法で熱線が入っていますので、左右が別々にスイッチが入ります。とても電気を食う部品ですので、運転席の前だけを動かすという事が可能なのです。ヨーロッパの規制に適合した部品で、そのマークが入っていますので、もちろん車検対応、安心してお使いいただけます。価格も製造業者から直接に入荷しますので、純正品と比べると、かなり大幅に価格が下がっています。

このウインドーを使用するに対しての注意ですが、とても多くの電気を消費する部品です。
そのため、取り付けの際には、リレーとヒューズを追加してください。
また、使用も短い時間のみでないとバッテリーがとても消耗してしまいます。曇りの初期に使用して、あとはデフロスターのみとして、また曇りだしたら短い時間だけスイッチを入れるのが効果的に使用する方法です。
[PR]
by A110ALPINE | 2009-06-27 22:53 | 部品 | Comments(0)

グループ4 インレット・シュラウド

d0062721_22223919.jpg

A110のリヤのインテイクに取り付けるシュラウドです。
写真上が、一般的な部品で純正の型から作られています。
写真下は、73年のグループ4の車両に使われた部品です。普通のシュラウドよりも少し空気の取り入れが大きくなり、後ろ側の形状も異なっています。ボディの一番後ろに面位置になるように取り付けて、ボディ側も後ろまで穴を開けて吸気量を増やしています。
これを製作しているFRP専門の製作業者が、たくさんの型の中から不思議な形状の物を見つけたので作ってみたそうです。それが73年以降のグループ3車両に少数だけ使われた部品だったそうです。このような小変更される部品、当時の競技では良くある事ですが、製作に必要な型が見つかったのはラッキーといえるでしょう。
[PR]
by A110ALPINE | 2009-06-27 22:32 | 部品 | Comments(0)

ラベンダー

d0062721_5484598.jpg
庭のラベンダーが満開になっています。
今年は、春が短く、急に夏が来てしまったせいか、例年とりも少し早いように思います。
蜂も盛んにお仕事をしています。



d0062721_550573.jpg

[PR]
by A110ALPINE | 2009-06-23 05:54 | ひとり言 | Comments(6)

今朝の様子

d0062721_6121185.jpg

今年は天候不順だった南仏も、ここの所、天気が安定してきて夏本番のような雰囲気になってきました。
この写真は朝8時前なので、まだビーチに人はいませんが、日中はたくさんの人が海水浴を楽しんでいるようです。それを横目に仕事をしているのも悔しいのですが、太陽と海がなければ、ここに住んでいるいる意味ないですもんね。でもこれからは、観光客が多くて、静かなのは朝だけという季節がやってきます。でも観光客が少ないと町の経済もたいへんですから、今年もたくさんの方にわが町でヴァカンスを過して欲しいものです。
[PR]
by A110ALPINE | 2009-06-14 06:19 | ひとり言 | Comments(10)

イタリアへ

d0062721_6183865.jpg

下のポストのエギーユ・デュ・ミディから、イタリアに行くゴンドラです。3連の小さな4人のりのゴンドラで、氷河の上を渡ってイタリアに行きます。

スピードも遅いのでゆっくりと景色が楽しめるのです。
[PR]
by A110ALPINE | 2009-06-08 06:28 | ランドネ | Comments(9)

エギュィーユ・デュ・ミディの展望台

d0062721_605290.jpg

エギュィーユ・デュ・ミディの展望台です。
展望台から外に出られるのは技術と装備がないと無理なので、雪の上を歩くことはできないし、展望台の外観を写すことはできません。2つの部分に分かれているので、片側のみを撮ることができます。その片側だけでもかなりの大きさの建物です。標高3842mの絶壁に建造物を作ってしまう人間の好奇心には驚くばかりです。

その建造物の概要とは
[PR]
by A110ALPINE | 2009-06-06 06:26 | ランドネ

エギュィーユ・デュ・ミディ

d0062721_653033.jpg

ヨーロッパ最高峰のモンブラン。
朝、起きて見上げると頂上が綺麗に見える! いそいそとゴンドラの乗り場に向かうのでした。

続きはこちら
[PR]
by A110ALPINE | 2009-06-04 06:22 | ランドネ | Comments(12)

休暇

d0062721_630168.jpg

6月1日はフランスの祝日なので、30、31、1日と連休を取って、小旅行に行きました。
この連休、天気予報は良くないとの予報だったので、たまった仕事でもと思っていたのでした。先週の木曜日に天気予報を確認すると、ちょっと北上すると天気が良い地域がある事を発見。急遽、以前から行きたかったアルプスに行くことにしました。シーズンOFFということもあり、簡単に予約完了、ネットって便利ですね。
写真は、到着翌日の山の様子です。標高の高い所までゴンドラで登った様子は、少しづつUPしますね。
[PR]
by A110ALPINE | 2009-06-03 06:39 | ランドネ | Comments(10)
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30