アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夏のコートダジュール

下のポストで書いたメガーヌの故障ですが、
預けた修理工場から直ったとの連絡が入りました。
レッカーで持ち込まれたカンヌの修理工場まで
キャトルで取りに行きました。
うちからカンヌまで、いつもは途中から高速道路ですが、
キャトルなのですべて下道で。

d0062721_6225190.jpg



d0062721_624433.jpg


無事、メガーヌは直っていて一緒に帰って来たのですが、
いくつもあるビーチ周辺では渋滞、峠越えもあったりして
キャトルは元気でも、中の人が厳しい暑さでした。
渋滞がなければ、快適なんですけどね。
[PR]
by A110ALPINE | 2012-06-24 06:38 |

夏の車

d0062721_775244.jpg

新FIAT500、一日オーナーになっちゃいました。
メガーヌが出先で故障したのでレンタカーで帰ってきたのですが、その時にバーゲンで安くしていたのが、このFIAT500Cでした。車の性能がどうこうではなく、デザインと屋根が開くというのが夏にぴったりの車です。

d0062721_711935.jpg

そんな時、向かいにある車検場に昔のFIAT600が入っていました。それもジョリー。
ジョリーは、600をベースにしてカロッツェリアが屋根やドアを取っ払ったモデルで
ビーチカーと呼ばれるカテゴリーの車です。
これの方が夏のコートダジュールには似合ってるかなとも思いますが、
とても貴重だし維持もたいへんなので、
無理せずに、上の新500のカブリオレが気軽でよろしいかもしれませんね。
[PR]
by A110ALPINE | 2012-06-20 07:16 |

新じゃが

d0062721_7204471.jpg

うちの畑のジャガイモの収穫??
冬に買ってきたジャガイモが、芽を出していたり腐っていたのを
庭の端に捨てていたら雑草のように育ってしまったのです。
じゃまだったので適当に切ってしまい忘れていたのですが
今日になって、土の中にあるのを見つけて収穫したのでした。
採り立ての新ジャガですが、手入れもしないで育ったのでちょっと不安。
美味しいといいなーーー。
[PR]
by A110ALPINE | 2012-06-16 07:25 | コーヒーブレーク

ニースの夕暮れ

d0062721_717726.jpg

日曜日、ちょっとした用がありニースにいきました。
ちょうど夕暮れで綺麗でした。

d0062721_7182445.jpg

少し時間があったので旧市街へ。
さすがニース、観光客でいっぱい、世界各国の言葉が飛び交っていました。
[PR]
by A110ALPINE | 2012-06-14 07:19 | ひとり言

A110-1300G R8G のクラッチカバー

d0062721_6401936.jpg

A110-1300G R8G のクラッチカバーが入荷しました。
私が渡仏した98年頃は、わずがに工場に残っていた部品で新品が手に入ったのですが
すぐに欠品になってしまった部品です。
その後は、壊れた部品と回収してリビルド品を販売していました。
数年前にリプロされてほっとしていたのですが、
1ロット製造した後は、価格とロット数を上げないと生産しないという事で、また欠品になってしまいました。
他社で、残った部品を高価に取引したり、リビルド品を売ったりしていたようです。
異なる工場の技術に純正品を渡して検討してもらって所、
昔、似たような部品を作った事があったようでした。(たぶん古いドイツ車と思います)
その経験を生かして、ルノーの寸法で新規に作ってもらいました。
信頼できる技術屋さんとの仕事は、とても楽しいものでした。
かなりの数を作ったので、しばらくは安心でしょう。
アルピーヌにとっては多量な生産ですが、工場にしては少量生産だったと思います。
それでも、価格は前回と同じに抑える事ができました。
ユーロ安ですので、日本の方には安価に感じるかもしれませんね。
[PR]
by A110ALPINE | 2012-06-10 06:53 | 部品

かしわとさくら

d0062721_633486.jpg

一ヶ月以上前の話になってしまいましたが、
柏餅と桜餅、ちゃんとした時期に食べたのは、うん十年ぶりでした。
春に日本に滞在してないので、どうしようもなかったのですが、
やっぱり時期の物を食べると言うのは嬉しいものです。
[PR]
by A110ALPINE | 2012-06-09 06:06 | コーヒーブレーク

ユーレーとマファック

d0062721_6462758.jpg

福島で昔からの友人宅に遊びに行って見せてもらった物です。
古いフランスの自転車を知らないと、何がなんだかわからないものです。
古いジタンのスポルテーフを組んだようです。
リヤのディレーラー(変速機)は、ユーレーのジュビリー・レーサーでした。
彼が昔、ランドナーに使っていた部品で、とても懐かしい。
d0062721_651863.jpg

ブレーキは定番のマファック・レーサー。
これは、フレームの純正品だったのか、ぴったり納まっていました。

彼とは、何十年も前から自転車で遊んだものです。
学生の頃は、これらの舶来部品が高価で、なかなか手が出なかったものです。
でもその時に買った部品を、綺麗にして、今でも使っています。
当時、安価だった消耗品だけは在庫して、いまでもOHできるようにしているのです。
今から古い物を集めてというのは大変と思うのですが、
古い物から新しい物まで、日常の流れで存在すると
楽しい趣味生活がおくれるのではないでしょうか。
[PR]
by A110ALPINE | 2012-06-03 06:58 | ひとり言
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30