アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1月28日

今日も、保険の査定員の方がきました。
昨日は、会社の保険、在庫やオフィース用品、それに設備等に保険でした。
今日のは建物の保険、つまり大家さんがかけている保険です。
建物のあちこちが水を吸ったりして、扉が動かないとか
色々な問題があるのですが、部品などと違って単純ではなく
査定員の方も即決ではなく、持ち帰って検討となったようです。

また、数年前まで使っていた古いパソコンを2階から探し出して
バックUPが使えるかどかの確認。なんとか昨年末までの在庫データが復帰しました。
これから会計のPC等を構築しないといけないので、先が遠いのですが、
少しづつ進んでいます。

それと今日は、かなり冷え込み、暖房が使えないので、短い時間で終了しました。
なんとか仮設のオフィースでも作って、少しでも快適な復興作業にしたいと思っています。
[PR]
by A110ALPINE | 2014-01-29 05:34 | 水害日記 | Comments(0)

1月27日

今日は、写真なしです。
午前中は、書類などの整理、それに保険会社の査定があるので
パソコンやオフィース用品、部品、工具系など、種類によって多少一纏めにしました。
午後から、査定員と方と営業所の方はやってきました。
思っていたよりも合理的な対応で、解りやすく説明してもらいました。
査定員の方が、クラッシッカーの大好きな方で、部品の価値なども
ツーカーで理解して、その被害の大きさに驚いていました。
実際の保険の話とは関係のない、車関係の質問をされたりして、
ちょっとだけ、楽しい時間を過ごす事になりました。
保険ですから厳しい査定もあると思うのですが、
それでもGBSを応援してくれて、こちらも頑張って対応したいと感じました。

明日も引き続き保険の監査、今度は建物関係の査定になるそうです。
[PR]
by A110ALPINE | 2014-01-28 06:34 | 水害日記 | Comments(0)

1月26日

今日は日曜日なので、休息日、作業はほんの少しだけです。
ちょっと外の物を急いで中にいれたので、作業する場所がありませんでした。
少し整理して、棚などの場所を移動して終わりです。

ゆっくりと休んで、明日からの作業にそなえます。
[PR]
by A110ALPINE | 2014-01-27 04:32 | 水害日記 | Comments(0)

1月24日、25日

力仕事のボランティアは必要なくなり、物を洗ったり、整理したりという工程に入りました。
町からのボランティアではなく、友人に手伝ってもらう事が増えてきました。
洗い物でびっしょりになったり、細かい書類作業をしてくれたりと
本当に助かりました。皆さん、ありがとうございます。

d0062721_4185992.jpg

書類たちは、こんな感じで濡れています。
もちろん一部はどろどろです。

d0062721_4123785.jpg

そして濡れた書類や資料を、簡易的に作った台の上に並べました。
写真は濡れた書類の山、これが4つくらいありますが、
それでも、まだ棚から出せていない状態なので、
全体でどれだけの量があるかはまだ未確認です。

土曜日に書類乾燥を初めて行いました。
濡れた紙を一枚一枚、はがしていいき、間に新聞紙を挟んでいきます。
それと乾燥ブースに入れてという手順です。
d0062721_4234717.jpg

これが乾燥ブース、
一番上の写真の濡れた書類の入っている棚を洗って
下に電気ストーブを入れて温めるだけの簡易的が乾燥ブースですが
かなり有効に動いてくれます。
ただ水につかったストーブを洗ってつかったので、すぐに壊れてしましたしが、
ちゃんとした暖房機か電球を入れれば、有効に動くことがわかりました。
これから活躍してくれると思います。
[PR]
by A110ALPINE | 2014-01-27 04:29 | 水害日記 | Comments(0)

体力勝負と持久戦 だけど日常通り。(番外編)

たくさんの方から、無理をしないようにお言葉をいただきます。
みなさんのご心配、本当にありがとうございます。

今回、日曜に浸水、実際に現場に入ったのが翌日の月曜日という事で
ある程度は復旧作業が長期戦になると覚悟を持つことができました。
実際にの作業、特に最初の3日くらいは、濡れた重い物を動かすのがメインとなります。
そのため、最初から無理をしないようにと決めていました。

何時もと同じ定時で働き、そして日没前には撤収ということです。
具体的には、朝8時半からお昼まで、そして2時間の昼休み、
午後2時から5時まで、そして撤収に少しかかるので、
5時半から6時前には、帰宅しています。
幸いにも自宅は被害がないので、帰れば日常生活、
普通に3食食べて、早寝早起き、何時もよりも健康的な生活をしています。
ほとんどストレスないのですが、歳が歳なもので、
ちょっと筋肉痛が、後々まで残るのが辛いところでしょうか。
でも一週間もすると慣れるもので、少し昔の体力が戻ってきたような気がして
筋肉痛もやわらいできました。

こんな事態だと、ショックでという方もいますが、
ここまで来ると開き直って、前に進むのみと単純に思考回路が働きます。
行政関係とか、保険関係とか、頭の痛い心配事はありますが、
今のうちに体を動かして、体力をつけて乗り切るつもりです。
これが復旧の持久戦のコツなのではと思っています。
[PR]
by A110ALPINE | 2014-01-26 06:12 | Comments(0)

1月21日、22日、23日

d0062721_5204632.jpg

水害2日目の21日、濡れて泥まみれの物でを外に出して泥だし作業。
物の多いGBSは、周りの会社と比べて進み方が遅い、
それに家族だけというのも大変で、なかなか綺麗になりませんでした。
そんな所に、ボランティアや友人の方々が来てくれました。
使い物にならない梱包材などは、町が用意した巨大なゴミ箱へ、
そしてたくさんの人で、水をまき、スクレーパーで泥だし、はかどります。
ちなみに上の写真は、市長さん、あちこちで手伝っていたようです。
(同時に、町の人から治水について文句も言われていましたが)

ボランティアの方々、それに駆けつけてくれた友人達、
本当にありがとうございます。
これからも手伝ったいただく事が多々あると思いますが、
よろしくお願いいたします。

d0062721_5331543.jpg

散乱して泥まみれになった中から、取り出した物です。
まったく使い物にならないし、商品価値もありません。
部品は、将来のための見本にはなるかもしれませんが、
使う事はできないでしょう。
でも、捨てきれない物もあったりするではと思っています。

d0062721_5255762.jpg

だいたい泥だしが終わって状態がコレです。
写真では綺麗に見えますが、しばらく時間がたつと下から水が上がってきたりします。
それに、その水が赤色、つまり軽油が混入しているという事みたいで匂いは残ったままです。
この匂いが飛ぶまでには、かなりの時間がかかりそうです。

d0062721_5292191.jpg

車の泥の高さまでは、間違いなく水が上がったようです。
たぶん泥の位置は、最大水位よりも少し低い所につくようなので、
実際には、もう少し上まで上がったのでしょう。
車もそうですが、部品の棚も泥がのったまま手付かずです。
保険の査定が終わるまで、できるだけ手を付けない方が良いそうです。
水害から一週間後の月曜、火曜日に、査定員が来ると決まりましたが、
こいった事も復旧を遅らせています。

また、21日の晩、市役所で被災者向けに説明会があるので行ってきました。
市長さんが、今回の雨量や被害について説明して、
保険だけでなく、税制など色々な面について優遇処置があると話してくれましたが、
具体的には、各関係機関に自分で申請しなければならないようです。
それも複雑みたいで、みなさん各機関の連絡先すらどうすれば???
なんて事を話していました。
親切なように見えるけど、思った以上に大変な作業なようです。
後日、いろいろな専門家という方が来て、説明会がありましたが、
たくさんの人が殺到して、どうも正確に把握できる状態ではなようです。
これは、友人や会計士さんと一緒に進めていく予定なので、
なんとかなるだろうと思いますが、もう少し被災者に優しいシステム作りが必要にも思います。
[PR]
by A110ALPINE | 2014-01-26 05:44 | 水害日記 | Comments(0)

1月19日(日曜)、20日(月曜)

下のポストで、水害の案内を出しましたが、まだまだ復旧中で業務再開までは少し遠いと思います。
復旧作業にも慣れてきたので。水害復旧の日記でも書くことにしました。

d0062721_5442513.jpg

この写真は、日曜日、水が下がり始めてからのようです。
GBSの隣の板金屋さんのご主人は、早朝から仕事をしていてこの場にいたそうです。
水が上がってきたので、入口にバリアをしていたら、すごいスピードで
1m以上の水位となり、シャッターが破損、いっきに水が入ったのです。
平屋のですから逃げる場所もなく、屋内の上へ上へと上り
最後は屋根と破ってヘリコプターで救助されたのです。
その他にもたくさんの方がヘリコプターや消防の船等で救助されたそうですが、
我が町では、奇跡的に怪我人一人でなかったそうです。

その日、私たちもGBSに向かったのですが、
水があがって道路封鎖されていて、引き換えしました。
3~4時間は水が上がってしまい、道路も走れない状態だったので
この日にGBSに行くのは諦めました。
今考えると、GBSにいなくて良かったなーと思います。

そして翌日の月曜日
d0062721_622532.jpg

会社のすぐ隣に横たわっていたのが、この船です。
これが道をふさいだおかげて上流にあるGBS付近が最大の水位となったのです。
そして、何故が燃料の強い匂いがしました。
この船、あちこちにぶつかりながらGBSの前あたりで燃料タンクが破損、
800リッターの軽油をばらまいてしまったそうです。

そしてGBSの曲がったドアを開けてみると。
d0062721_6253961.jpg

d0062721_6255063.jpg

こんな景色が飛び込んできました。
歩くこともできないような惨状です。
この日は、入口付近の物を外にだして、
扉の開かないオフィースをなんとかこじ開けて、
とにかく、使えなようなメチャクチャな物体を野外に放り出して
でも、あまり片付かずに終わりました。

そんな大変な事でも、日曜日に家にいて家族が無事だったのと
予想していた通りの展開だったので、
あーーあ!と思ったくらいでした。

つづく。
[PR]
by A110ALPINE | 2014-01-25 06:38 | 水害日記 | Comments(2)

水害のためGBSを休業しています

d0062721_5442513.jpg

1月20日の南フランスにおける歴史的な水害で
GBS社も大きな被害がありました。
上の写真は20日の午後のGBS社の前の様子です。
もちろんGBSに近づく事もできませんでした。
d0062721_5471442.jpg

この写真は、水害の翌日の社内の様子です。
幸いにも人的被害はありませんでしたが、
GBSの仕事に必要な、ほぼ全ての物が水に使ってしまいました。
PCや電話、Fax、それに書類や資料、部品も6~7割が被害にあっています。

消防、ボランティア、そして友人等の助けもあり、
少しづつですが復旧しています
しかし、まだまだ営業再開には時間がかかると思います。
ご迷惑をおかけしますが、御了承ください。

GBS
[PR]
by A110ALPINE | 2014-01-23 05:52 | その他 | Comments(0)

正月の一枚

d0062721_0102643.jpg

晴れの吾妻連山、これを見ると福島に帰ってきたと実感します。

d0062721_01325100.jpg


d0062721_0141766.jpg


d0062721_0154986.jpg



【お年玉プレゼントキャンペーン】 私の年末年始&新春の一枚!
[PR]
by A110ALPINE | 2014-01-06 00:17 | ひとり言 | Comments(2)

謹賀新年

d0062721_01382018.jpg
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

[PR]
by A110ALPINE | 2014-01-01 01:39 | ひとり言 | Comments(0)
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31