アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ

a110.exblog.jp ブログトップ

ドライビングランプ

メールマガジンで紹介した競技用ドライビングランプです。
レンズカットがなく、反射面が微妙な曲線となっていて、
純正から比べると、驚くほど明るいライトです。
明るいのも当然で、最新のWRカーたちが使っている、
ボンネットの上にある補助灯と同じ反射板形状なのです。

このライト、ステーがA110純正と同じなので、取り付けは、とても簡単です。
純正と同じH1ですが、アース配線を、
コネクターで接続するようになるので、その加工が必要になります。
また、HID(キセノン)との相性が良いのも特徴です。

A110だけでなく、シトロエンDSのドライビングランプや、
ポルシェ911のボッネットの上に付いているライトにも取り付け可能です。
d0062721_17203723.jpg

[PR]
# by A110ALPINE | 2005-06-04 17:21 | 部品 | Comments(2)

おもちゃのホース

お気に入りのおもちゃは、このホース。
なんといっても噛みごこちがいいし、弾んで転がって楽しい、
それに、パパと引っ張りっこもできる。
3年間、使いつづけても壊れないんだ。
でも、お客さんたちは、アルピーヌのホースをくわえてると驚いたりする。
これは、パパさんが、多く入荷したときに、一個くれたものだ。
だから、お客さんに売る部品とは違うのにな。
d0062721_1624944.jpg

小さかった頃は、いろいろなオモチャを買ってくれたが、
ちょっと噛むとすぐに壊れるから、今は買ってもらえなくなった。
でも、この宝物のホースを3本ももらったから良いのさ。
壊れたら新しいホースにしてくれると言っているけど、
これは壊れないよ。車の部品て丈夫なんだね。
[PR]
# by A110ALPINE | 2005-06-04 16:26 | ひとり言 | Comments(0)

ドロンジョ

TOTO'Z FACTORYからプレゼントしてもらったTシャツを着てみた。
ドロンジョという名前のシャツだそうだ。
でも、南仏はすでに夏、暑い!
秋にミストラルという風が吹いて寒くなったら
このシャツを着せてもらうんだ。
寒がりなぼくは、寝る時にかならす毛布をかけてもらう。
たまに暑くてはいでしまうと、パパを呼んでかけてもらうんだ。
でも、このシャツがあれば大丈夫。
今度の冬がたのしみだ。
パプリカさん、ありがとう。
d0062721_23333352.jpg


南仏の風
[PR]
# by A110ALPINE | 2005-06-03 23:34 | ひとり言 | Comments(3)

良くある注文

よく知っているガレージからカラーのセットを頼まれた。
丸いリングは、リアサスのスプリング用のスペーサー。
アルピーヌは、後ろ下がりの姿勢が多いので、
このスペーサーで後ろを少し持ち上げようというのだ。
これを付けると、ハの字のキャンバーが立ってしまうので、
6個のスペーサーをミッション・マウントのステーに付けるのだ。
ルノー8ではスペーサーは無いのだが、A110は6mm厚の
スペーサーが純正で付いている。
これを12mmのスペーサー(写真の)にすることで、
リアスプリングにスペーサーを入れても、キャンバーを純正と同じくできるのだ。
これをセットで頼まれるとA110の構造をよく理解できているガレージと思ったりする。
極端にハの字に開いている車を見かけるが、それは壊れている証拠、
ミッションマウントがへたってミッションが下に下がっているのだ。
こうなると、リアの足回りが安定しなくなるのでご注意を。
d0062721_18144716.jpg

[PR]
# by A110ALPINE | 2005-06-02 18:17 | 部品 | Comments(10)

ダッシュボードの塗料

ダッシュボード用の塗料は、GBS創立当初からのヒット商品です。
ダッシュボードは日があたるので、どうしても傷みやすいものです。
A110は、ダッシュボードを見れば、程度がわかると日本で言われたことがあります。
ダッシュボードは再塗装できないと思い込んだ人が
そう思ったのではと想像されますが、
それが専門店やマスコミを通して広がったのでしょう。
前記のおじさんの会社から納入されていますが、
通常この塗料は、自動車メーカー等の製造業に
ドラムカン単位でしか販売していないそうです。
GBSでは特別に1リッター缶に入れてもらっています。
販売の多くは、欧州各国のアルピーヌ専門店やカロッセリ向けですが、
アマチュア・レストアラーから頼まれる事も多くあります。
スプレーさえあれば、難しくはありませんが、
出来れば夏、気温の高い時の方が、上手くヒビが入ります。
内装の張替えの時に、塗りなおせば、新車のように生き返ります。
d0062721_23584791.jpg

写真は、新品ボディーに塗った時に撮ったものです。
[PR]
# by A110ALPINE | 2005-06-01 00:01 | 部品 | Comments(2)

おじさんがきた

わーい、大好きなおじさんが来た。
おじさんは、前にドーベルマンを飼っていて
たくさんの賞を取ったりしたそうだ。
パパさんたちの躾の先生だそうだ。
でも、本当のお仕事は、塗料の販売なんだって。
なんでも、豪華客船のクイーンメリーも彼の会社の塗料で
仕上げていたそうな。
こんな小さな会社に来るのは、ボクがいるからだろう。
パパさんたちは、もっとボクに感謝しないと。
d0062721_23142551.jpg

[PR]
# by A110ALPINE | 2005-05-31 23:14 | ひとり言 | Comments(0)

アルピーヌ・パッション

個人的に作ったアルピーヌの紹介サイトです
http://homepage3.nifty.com/ricard/alpine/
d0062721_22561258.jpg

[PR]
# by A110ALPINE | 2005-05-31 22:57 | その他 | Comments(0)

GBS

GBSはGONOD BERLINETTE SERVICE の略で、その名の通り、
ゴノ氏がA110ベルリネッタ専門店として1985年に設立しました。
ゴノ氏はフランス中部のリヨン市で、
ALBAというフランス最初のアルピーヌクラブを作りました。
このクラブは現在でも最大級のアルピーヌクラブで、当時ゴノ氏たちの作った、
Aの車文字は、いろいろな本に紹介されたので、ご存知の方も多いと思います。
その後、フランスでもA110の部品の入手があまりにたいへんなために、
南フランスに場所を移し、GBSを始めました。
GBSは、基本的にA110が専門ですが、アルピーヌのその後の車種のA310やR5T、
そしてスピダーまでの部品販売も行っています。
現在はフランスのみならず約30各国のアルピニストたちに部品を供給しています。


www.gbsalpine.com/jp.htmld0062721_22493649.gif
[PR]
# by A110ALPINE | 2005-05-31 22:52 | その他 | Comments(0)
line

フランスの片隅にある自動車部品商店主のひとり言


by A110ALPINE
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30